立て板に水(読み)たていたにみず

ことわざを知る辞典「立て板に水」の解説

立て板に水

弁舌りゅうちょうで、よどみなく話すこと。また、たて続けにものを言うことのたとえ。

[使用例] 彼女は立板にを流すように十五分ほど何かベラベラしゃべったが何を言っているのか僕にはほとんど解らなかった[夏目漱石*倫敦消息|1901]

[解説] 現在では、もっぱら弁舌の形容に使われますが、古くは、水の流れの速いことやものごとが滞りなくすすむことの形容としても使われました。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「立て板に水」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android