コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べらべら ベラベラ

デジタル大辞泉の解説

べら‐べら

[副](スル)
立て続けに勢いよくしゃべるさま。「べらべら(と)まくしたてる」
布などが薄くて張りのないさま。「べらべら(と)した安物の生地」
悠長なさま。
「此半兵衛は蔵に―何していやる」〈浄・宵庚申
[形動]2に同じ。「べらべらなカーテン」
[アクセント]ラベラ、はベラベラ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べらべら

( 副 ) スル
つかえないで勢いよく話すさま。また、深い考えもなくよくしゃべるさま。ぺらぺら。 「 -(と)まくしたてる」 「何でも-(と)しゃべる男だ」
紙や布などの薄くて弱いさま。 「 -したカーテン」 「 -した透綾すきやの羽織を着て/坊っちゃん 漱石
のんびりしているさま。のんきにぶらぶらしているさま。 「半兵衛は蔵に-何してゐやる/浄瑠璃・宵庚申

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

べらべらの関連キーワードじゃらじゃらちゃらちゃらアクセント弁じ立てるへらへら野だいこ喋喋呶呶べりたつべらつく半兵衛駄弁型紙

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

べらべらの関連情報