ぺらぺら(読み)ペラペラ

デジタル大辞泉の解説

ぺら‐ぺら

[副](スル)
軽々しくよくしゃべるさま。「人の秘密をぺらぺら(と)話してしまう」
外国語をよどみなく自由に話すさま。「英語でぺらぺら(と)答える」
続けざまに紙をめくるさま。「ぺらぺら(と)ページをくる」
紙や布が薄くて弱いさま。「こんなぺらぺらした紙では困る」
[形動]
2に同じ。「彼は英語のほかにスペイン語もぺらぺらだ」
4に同じ。「安っぽいぺらぺらな生地」
[アクセント]ラペラ、はペラペラ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぺらぺら

[1] ( 副 ) スル
軽薄によくしゃべるさま。 「わけのわからないことを-(と)しゃべっている」
外国語をよどみなく話すさま。 「英語で-(と)話しかけられる」
重ねた紙などが軽くひるがえるさま。 「ページを-(と)めくる」
紙や布などが薄っぺらなさま。 「 -した着物」 「いやに-したもんを被やあがつて/当世書生気質 逍遥
[0] ( 形動 )
に同じ。 「英語なら-だ」
に同じ。 「 -の生地」 「 -な本」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぺら‐ぺら

[1] 〘副〙 (「と」や「する」を伴う場合が多い)
① 軽薄な調子でよくしゃべるさまを表わす語。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)二「口の止所がねへ、ぺらぺらぺらぺらと油紙へ何とかやらだ」
※ヰタ・セクスアリス(1909)〈森鴎外〉「話家はぺらぺらしゃべる」
② 特に、外国語などを流暢(りゅうちょう)に話すさまを表わす語。
※風流線(1903‐04)〈泉鏡花〉三九「ペラペラと唐人言葉で親達に口答へなんかする」
や布などの薄くて弱いさまを表わす語。
※たけくらべ(1895‐96)〈樋口一葉〉一六「彼んな袖のぺらぺらした、恐ろしい長い物を捲り上げるのだからね」
④ 薄いものが小刻みに揺れたり、翻ったりするさまを表わす語。
※風流線(1903‐04)〈泉鏡花〉九「何を読むともなくペラペラと引返して」
[2] 〘形動〙
① (一)②に同じ。
※善財(1949)〈石川淳〉三「おれの英語はめきめき物をいひ出して来た。〈略〉じつにぺらぺらなんだ」
② (一)③に同じ。
※哀しき父(1912)〈葛西善蔵〉四「ペラペラな黒紋附を着た若い男」
[3] 〘名〙 外国語をさしていう。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉八「世間に洋学者も多い時節、少々ペラペラを口ずさめばとて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぺらぺらの関連情報