コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米子[市] よなご

百科事典マイペディアの解説

米子[市]【よなご】

鳥取県西部,中海に面する市。1927年市制。日野川・佐陀(さだ)川下流域と弓ヶ浜砂嘴(さし)南半部を占める。中心市街はもと加茂と呼ばれた小漁村で,1601年中村一忠が米子城を築いて以後城下町として発展し,日野の鉄や木材,弓ヶ浜の木綿の集散地として栄えた。1967年中海臨海地区が新産業都市に指定され,電気機械,製紙,タバコ製造などの工場が立地する。山陰本線,米子自動車道が通じ,境線,伯備線が分岐する。大山(だいせん)観光の基地で皆生(かいけ)温泉があり,トライアスロン大会が行われる。2005年に中海がラムサール条約登録湿地となる。2005年3月西伯郡淀江町を編入。132.42km2。14万8271人(2010)。
→関連項目伯備線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よなご【米子[市]】

鳥取県西部の市。北は美保湾に,西は中海に面し,弓ヶ浜の砂州と日野川の三角州および扇状地上に位置する。1927年市制。人口13万4762(1995)。鳥取市松江市とともに山陰の三大中心都市の一つである。市街地南部の目久美(めぐみ)遺跡からは縄文時代から中世に至る遺物が出土し,南郊福市遺跡(史),青木遺跡(史)には弥生時代から7世紀に至る大規模な集落跡がみられ,また条里制地割りも平野部に認められることから,一帯は古代から集住地域であったらしい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の米子[市]の言及

【鳥取[県]】より

…このように砂丘や砂州が発達したのは,砂礫化した山地の花コウ岩や安山岩が河川によって搬出され,また,たたら製鉄用の砂鉄を採取する際に生じる多量の土砂が流出したことによる。 おもな沖積平野は,千代(せんだい)川下流の鳥取平野,天神川下流の倉吉平野,日野川下流の米子平野である。これらの沖積平野はかつては入江をなしていたが,砂丘や砂州の形成とともに潟湖となり,しだいに埋積されてきたものである。…

※「米子[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

米子[市]の関連キーワード大山(鳥取)皆生[温泉]

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android