美作[町](読み)みまさか

百科事典マイペディアの解説

美作[町]【みまさか】

岡山県東部,英田(あいだ)郡の旧町。主集落林野津山盆地東部にあり作州倉敷と呼ばれた吉井川舟運の河港,商業町として発達,姫新(きしん)線,中国自動車道が通じ商工業の中心をなす。野菜・果樹栽培,乳牛飼育を営む。湯郷(ゆのごう)温泉がある。2005年3月勝田郡勝田町,英田郡大原町,作東町,英田町,東粟倉村と合併し市制,美作市となる。86.97km2。1万3121人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みまさか【美作[町]】

岡山県東部,英田(あいだ)郡の町。人口1万3363(1995)。吉井川の支流吉野川,梶並川流域に位置し,津山盆地東端の平たん地と吉備高原に属する丘陵地帯からなる。両河川の合流点付近にある中心集落の林野は旧称(美作)倉敷で,江戸時代には河港として栄え,周辺の米をはじめとする物資の集散を行っていた。現在も英田・勝田両郡の行政・文化の中心となっている。奥津温泉湯原温泉とともに美作三湯に数えられる湯郷(ゆのごう)温泉があり,阪神方面からの客が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android