(読み)たい

精選版 日本国語大辞典「胎」の解説

たい【胎】

〘名〙
母体の、子の宿るところ。こぶくろ。子宮。はら。また、腹に宿った子。
浄瑠璃嫗山姥(1712頃)四「腹かき切て魂魄汝がたいにやどり。日本無双の大力一騎当千の男子と生まれ」 〔礼記王制
道教で、人身の宿る体気の根源
③ きざすこと。はじまること。〔枚乗‐上書諫呉王〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「胎」の解説

たい【胎】[漢字項目]

常用漢字] [音]タイ(呉)(漢)
母体内に子が宿ること。また、その子。「胎児胎生胎動懐胎受胎堕胎
胎児を宿す所。「胎盤母胎換骨奪胎
物事の起こるもと。きざし。「禍胎・胚胎はいたい
[名のり]はら・み・もと

たい【胎】

母体の子が宿るところ。子宮。また、宿った子。
胎蔵界」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android