コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼杵[市] うすき

百科事典マイペディアの解説

臼杵[市]【うすき】

大分県東部の市。1950年市制。臼杵湾に臨み日豊本線や東九州自動車道が通じる市街は大友宗麟の居城地で,江戸時代は稲葉氏の城下町であった。江戸時代からのみそ・醤油醸造をはじめ,ウィスキー醸造,造船が行われ,タバコ工場もある。カボス,トマト,甘夏ミカンも多産。臼杵磨崖仏(特別史跡),野上弥生子文学記念館がある。愛媛県八幡浜市間にフェリーボートが就航。2005年1月大野郡野津町を編入。291.20km2。4万1469人(2010)。
→関連項目伊東マンショ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うすき【臼杵[市]】

大分県東部にある市。1950年臼杵町と海辺(あまべ)村が合体,市制。人口3万6614(1995)。豊後水道西岸最北部の湾入臼杵湾に面し,湾頭の臼杵川河口の旧臼杵城下町を中心に市街地が発達している。明治以降,北海部地方の政治・経済の中心として栄え,1909年日豊本線が通じた。藩政時代から続く伝統のあるみそ・しょうゆ工場と,第2次世界大戦後進出したウィスキー工場のある醸造の町として知られ,そのほかにタバコ,造船などの工場もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android