コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼杵[市] うすき

百科事典マイペディアの解説

臼杵[市]【うすき】

大分県東部の市。1950年市制。臼杵湾に臨み日豊本線東九州自動車道が通じる市街は大友宗麟の居城地で,江戸時代は稲葉氏の城下町であった。江戸時代からのみそ・醤油醸造をはじめ,ウィスキー醸造,造船が行われ,タバコ工場もある。
→関連項目伊東マンショ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うすき【臼杵[市]】

大分県東部にある市。1950年臼杵町と海辺(あまべ)村が合体,市制。人口3万6614(1995)。豊後水道西岸最北部の湾入臼杵湾に面し,湾頭の臼杵川河口の旧臼杵城下町を中心に市街地が発達している。明治以降,北海部地方の政治・経済の中心として栄え,1909年日豊本線が通じた。藩政時代から続く伝統のあるみそ・しょうゆ工場と,第2次世界大戦後進出したウィスキー工場のある醸造の町として知られ,そのほかにタバコ,造船などの工場もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

臼杵[市]の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎アフリカン・アメリカン音楽ロック(ポピュラー音楽)冤罪大庭秀雄黒澤明電気機械器具工業成瀬巳喜男マキノ雅広

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone