菊川[町](読み)きくがわ

百科事典マイペディアの解説

菊川[町]【きくがわ】

静岡県南部,小笠郡の旧町。牧ノ原と菊川の低地にまたがり,米,の産が多い。中心の堀之内は茶の製造・取引が盛んで,茶は大規模な共同工場で生産されている。東海道本線が通じ,東名高速道路菊川インターチェンジがある。2005年1月小笠郡小笠町と合併し市制菊川市となる。63.88km2。3万1240人(2003)。

菊川[町]【きくがわ】

山口県西部,豊浦郡の旧町。田部盆地を中心とする。木屋(こや)川と田部川の合流点にある主集落の田部は市場町として発達。米作を中心として,畜産,蔬菜栽培を行う。スイカ,蜂蜜(はちみつ)を特産。2005年2月豊浦郡豊田町,豊浦町,豊北町と下関市へ編入。83.78km2。8445人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きくがわ【菊川[町]】

静岡県南西部,小笠郡の町。人口3万0675(1995)。中央部を東海道本線と東名高速道路が通り,菊川インターチェンジがある。東部の牧ノ原台地はじめ,いたる所で茶の栽培が行われ,大規模な共同製茶工場がある。南流する菊川沿いは水田地帯で,近年住宅や工場が進出している。農業は茶業水稲を主体に,レタス,ダイコンなどの野菜,マスクメロン,イチゴなどの施設園芸,牛,豚,ニワトリ飼養など多角的に行われている。

きくがわ【菊川[町]】

山口県南西部,豊浦郡の町。人口7944(1995)。北境に長門一の高峰華山(713m)がそびえる。中央部に田部盆地があり,南流する木屋(こや)川に田部川が合流して豊浦郡の穀倉地帯を形成している。合流点にある中心集落の田部は萩と下関を結ぶ赤間関街道の市場町として発達した。灌漑用水路網をめぐらした田部盆地では,米作を中心に施設園芸によるメロンの栽培,酪農,養鶏,養蜂が行われる。農業用の歌野川ダムと下関市に工業用水と上水を供給する湯の原ダムがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android