コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西都[市] さいと

百科事典マイペディアの解説

西都[市]【さいと】

宮崎県中部の市。1958年市制。一ッ瀬川中流に沿い市街が発達する妻は古代から中世にかけて日向(ひゅうが)の中心で,樹齢約1200年といわれる妻のクス(天然記念物)が都万(つま)神社の境内にある。
→関連項目国富荘

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいと【西都[市]】

宮崎県中部,一ッ瀬川中流にある市。1958年西都町,三納(みのう)村,都於郡(とのこおり)村が合体,市制。人口3万6331(1995)。市域の西部は米良(めら)山地(総面積の約77%)が占め,九州の秘境といわれる米良荘(めらのしよう)がある。山地の東側に接して洪積台地が展開し,一ッ瀬川に沿って沖積地が発達する。台地上には大小約330基の古墳が集中する西都原(さいとばる)古墳群をはじめ,茶臼原(ちやうすばる)古墳群,松本塚古墳群,千畑(ちばたけ)古墳群など,合計500基に及ぶ古墳が見られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

西都[市]の関連キーワード西都原古墳群

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android