コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角館[町] かくのだて

百科事典マイペディアの解説

角館[町]【かくのだて】

秋田県東部,仙北郡の旧町。中心の角館は雄物(おもの)川の支流玉川に沿い,秋田新幹線(田沢湖線)が通じ,秋田内陸縦貫鉄道が分岐する。芦名氏,佐竹氏の城下町として発達,武家屋敷,古い商家が残り,秋田の小京都と呼ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かくのだて【角館[町]】

秋田県東部,仙北郡の町。人口1万5224(1995)。横手盆地の北部にあり,雄物川支流の玉川と檜木内(ひのきない)川の合流点にあたる。中心の角館は〈かくだて〉とも呼ばれ,横手盆地と南部地方,阿仁地方を結ぶ交通の要地にあたる。現在の町の中心は近世初期に建設され,中央に〈火除け〉と呼ばれる広場を配し,北側に武家屋敷町(内町),南側に商家町(外町)が整然と区画されている。古い武家屋敷を残す内町の中央部は,国の重要伝統的建造物群保存地区に指定され,観光客も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

角館[町]の関連キーワード抱返渓谷

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android