謝る(読み)アヤマル

デジタル大辞泉「謝る」の解説

あやま・る【謝る】

[動ラ五(四)]《「誤る」と同語源》
悪かったと思って相手に許しを願う。わびる。「すなおに―・りなさい」
困る。閉口する。まいる。「あいつの押しの強さには―・る」
困って断る。辞退する。「めんどうなことは―・るよ」
[可能]あやまれる
[用法]あやまる・わびる――「心からる(わびる)」「頭を下げて謝る(わびる)」などの場合には相通じて用いられる。◇「謝る」は、「謝ってすむ問題ではない」「平謝りに謝る」のように、率直に許しをこうときなど、日常の口語として多く用いられる。◇「わびる」は、「非礼をわびる」「過ちをわびる」のように、自分の困惑の情を表す意が強く、改まった言い方。重大な過失の許しを得る場合や、文章語として用いられる。◇「御無沙汰をおわび申し上げます」の「おわび」を「お謝り」には換えられず、「ごめん、ごめん、謝るよ」の「謝る」は、「わびる」に置き換えられない。
[類語]わびる謝するわびわび言平謝り陳謝謝罪多謝恐縮有り難いかたじけないうれしいもったいないおそれ多い幸甚恐懼恐れ入る痛み入る心苦しい身に余る過分

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android