コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

謝る アヤマル

デジタル大辞泉の解説

あやま・る【謝る】

[動ラ五(四)]《「誤る」と同語源》
悪かったと思って相手に許しを願う。わびる。「すなおに―・りなさい」
困る。閉口する。まいる。「あいつの押しの強さには―・る」
困って断る。辞退する。「めんどうなことは―・るよ」
[可能]あやまれる
[用法]あやまる・わびる――「心から謝る(わびる)」「頭を下げて謝る(わびる)」などの場合には相通じて用いられる。◇「謝る」は、「謝ってすむ問題ではない」「平謝りに謝る」のように、率直に許しをこうときなど、日常の口語として多く用いられる。◇「わびる」は、「非礼をわびる」「過ちをわびる」のように、自分の困惑の情を表す意が強く、改まった言い方。重大な過失の許しを得る場合や、文章語として用いられる。◇「御無沙汰をおわび申し上げます」の「おわび」を「お謝り」には換えられず、「ごめん、ごめん、謝るよ」の「謝る」は、「わびる」に置き換えられない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あやまる【謝る】

( 動五[四] )
〔「誤る」と同源〕
自分の過失・罪を認め、すまないという気持ちを相手に伝え許しを求める。わびる。 「手をついて-・る」
閉口する。まいる。恐れ入る。 「虱しらみたかりにはお前方めえがたも-・るだらう/笑・無事志有意」 → 詫びる(補説欄)
[可能] あやまれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

謝るの関連キーワード言葉の下から誤る・謬る御気の毒様只管・一向済みません粗相惣兵衛五十嵐サキ頭を下げる手を下げるアポロジー平身低頭妄言多謝手を突く詫びる堀の内瓜盗人土下座五歳児直謝り風向き

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

謝るの関連情報