畏まる(読み)カシコマル

デジタル大辞泉「畏まる」の解説

かしこま・る【畏まる】

[動ラ五(四)]
身分の高い人、目上の人の前などで、おそれ敬う気持ちを表して謹んだ態度をとる。「陛下御前に―・る」「―・ってあいさつする」
謹みの気持ちを表し堅しく姿勢を正して座る。正座する。「―・っていないで、ひざをお崩しなさい」
命令・依頼などを謹んで承る意を表す。承りました。「はい、―・りました」
堅苦しい感じがする。窮屈である。
「お政は学問などという―・った事は虫が好かぬが」〈二葉亭浮雲
恐縮して感謝する。
「かくおはしましたる喜びを、又なき事に―・る」〈夕顔
わびを言う。言いわけをする。
「仏に―・り聞ゆるこそ苦しけれ」〈初音
謹慎する。
「三所ながら―・らせへりしかば」〈大鏡師輔
[類語]畏れる謹むしゃちほこばる固くなる・身も縮む・縮こまる小さくなる真面目腐る恐恐恐懼きょうく恐縮有り難いかたじけないうれしいもったいないおそれ多い幸甚恐れ入る痛み入る心苦しい身に余る過分身の縮む思い畏怖

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android