コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畏まる カシコマル

2件 の用語解説(畏まるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かしこま・る【畏まる】

[動ラ五(四)]
身分の高い人、目上の人の前などで、おそれ敬う気持ちを表して謹んだ態度をとる。「陛下の御前に―・る」「―・ってあいさつする」
謹みの気持ちを表し堅苦しく姿勢を正して座る。正座する。「―・っていないで、ひざをお崩しなさい」
命令・依頼などを謹んで承る意を表す。承りました。「はい、―・りました」
堅苦しい感じがする。窮屈である。
「お政は学問などという―・った事は虫が好かぬが」〈二葉亭浮雲
恐縮して感謝する。
「かくおはしましたる喜びを、又なき事に―・る」〈・夕顔〉
わびを言う。言いわけをする。
「仏に―・り聞ゆるこそ苦しけれ」〈・初音〉
謹慎する。
「三所ながら―・らせ給へりしかば」〈大鏡・師輔〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かしこまる【畏まる】

( 動五[四] )
〔形容詞「かしこし」と同源〕
相手の威厳などを恐れて、つつしんだ態度をとる。 「御下問に-・ってお答えする」 「ただ-・っているだけで答えない」 「 - ・った顔で控えている」
正座する。 「 - ・ってないで楽にして下さい」
(目上の人の言葉を)つつしんで承る。(依頼・指示などを)承諾する。 「はい、-・りました」 「太刀を持って来い。-・った/狂言・入間川」
お礼やおわびを言う。 「 - ・り給て御使に物かづけさせ給ふ/寝覚 2
謹慎する。 「おほやけに-・り聞ゆる人は明らかなる月日の影をだに見ず/源氏 須磨

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

畏まるの関連キーワード王公御隠れ御忍び献上菓子後室士庶正室台聞侍る貴賤

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone