赤子・赤児(読み)あかご

精選版 日本国語大辞典の解説

あか‐ご【赤子・赤児】

〘名〙
① (「あかこ」とも) =あかんぼう(赤坊)
※承応版狭衣物語(1069‐77頃か)一「君は、ただ、赤児(あかご)のむつきに包まれたる心地して」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「懐(ふところ)に、しばなく赤子(アカコ)を揺賺(ゆりすか)し」
② (あかこ) イトミミズ科のユリミミズの別名。またはイトミミズ科に属する種類の俗称。体長五~一〇センチメートルの糸状で赤く、泥底などに普通に見られる。飼育魚の餌にする。いとみみず。《・夏》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android