コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤蛙 アカガエル

3件 の用語解説(赤蛙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あか‐がえる〔‐がへる〕【赤×蛙】

アカガエル科の両生類。体長4~7センチ。背面は赤褐色で、目の後方からのびて体側を走る一対の背側線はほとんど曲がらない。日本のカエル類では最も早い2月ごろに産卵。本州・四国・九州の平地に分布。にほんあかがえる。
無尾目アカガエル科のカエルの総称。世界に約600種、日本には約20種が分布。アカガエル・エゾアカガエル・ツシマアカガエルなど。
[補説]書名別項。→赤蛙

あかがえる【赤蛙】[書名]

島木健作短編小説。昭和21年(1946)「人間」誌の創刊号に掲載。前年に結核で没した著者の遺作。自らの時代への抵抗と挫折を、急流に押し流される赤蛙の姿に重ね合わせた心境小説

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あかがえる【赤蛙】

アカガエル科のカエルの中で、背面が暗褐色か赤褐色のものの総称。ニホンアカガエル・ヤマアカガエル・エゾアカガエルなど。
特に、ニホンアカガエルのこと。体長5~8センチメートル。口先がとがり、後ろ足にのみ水かきがある。森林・草原にすみ、2月ごろ水田や湿地に産卵。焼いた肉を小児の疳かんの虫の薬とする俗信があった。本州・四国・九州に分布。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤蛙の関連キーワード雨蛙鈴蛙土蛙沼蛙おっとん蛙産婆蛙地潜蛙鋤足蛙達磨蛙山赤蛙

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤蛙の関連情報