コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤蛙 アカガエル

デジタル大辞泉の解説

あか‐がえる〔‐がへる〕【赤×蛙】

アカガエル科の両生類。体長4~7センチ。背面は赤褐色で、目の後方からのびて体側を走る一対の背側線はほとんど曲がらない。日本のカエル類では最も早い2月ごろに産卵。本州・四国・九州の平地に分布。にほんあかがえる。
無尾目アカガエル科のカエルの総称。世界に約600種、日本には約20種が分布。アカガエル・エゾアカガエル・ツシマアカガエルなど。
[補説]書名別項。→赤蛙

あかがえる【赤蛙】[書名]

島木健作の短編小説。昭和21年(1946)「人間」誌の創刊号に掲載。前年に結核で没した著者の遺作。自らの時代への抵抗と挫折を、急流に押し流される赤の姿に重ね合わせた心境小説

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あかがえる【赤蛙】

アカガエル科のカエルの中で、背面が暗褐色か赤褐色のものの総称。ニホンアカガエル・ヤマアカガエル・エゾアカガエルなど。
特に、ニホンアカガエルのこと。体長5~8センチメートル。口先がとがり、後ろ足にのみ水かきがある。森林・草原にすみ、2月ごろ水田や湿地に産卵。焼いた肉を小児の疳かんの虫の薬とする俗信があった。本州・四国・九州に分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

赤蛙 (アカガエル)

動物。アカガエル科の背面が赤いカエルの総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

赤蛙の関連キーワードニホンアカガエルアカガエル島木 健作日本赤蛙動物

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤蛙の関連情報