越前町(読み)えちぜん

  • 越前〔町〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福井県中北部,武生盆地北西部から日本海に臨む越前海岸にまたがる町。 1946年四ヶ浦 (しかうら) 村に町制施行。 1955年城崎村と合体旧国名をとって越前町成立。 2005年朝日町,宮崎村,織田町と合体。丹生山地が海岸まで迫り,海食による奇岩,断崖と海岸段丘が発達している。漁業が盛んで冬のカニ,夏のウニは特に有名。山間部では古くから陶土がとれ,日本六古窯の一つ越前焼が発達,旧宮崎村の小曽原には越前陶芸村がある。盆地では機業が盛ん。沿岸部は越前加賀海岸国定公園に属し,特に越前岬付近には呼鳥門,鳥糞岩といった海食崖や奇岩,奇礁が多く観光客を集めている。 (くりや) ,梅浦には海水浴場がある。織田には織田信長ゆかりの旧国弊小社劒神社がある。小曽原の相木家住宅は国の重要文化財。東部には朝日山古墳群があり,公園として整備されている。国道 305号線,365号線,417号線が通る。面積 153.15km2。人口 2万1538(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

越前町の関連情報