コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軟障 ぜじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軟障
ぜじょう

「ぜんじょう」とも読む。平安時代,行事などの際,部屋,廊下, (ひさし) などに張りめぐらした絹布で,壁の代用とした。唐絵などを描いた白絹に紫綾の縁取りをつけ,紐で吊って用いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜ‐じょう〔‐ジヤウ〕【軟障】

《「ぜんじょう」の撥音の無表記》宮中の行事の際の装飾を兼ねた障屏用の幕。柱の間、御簾(みす)の内側にかけた。ふつう、絹地の表面に唐絵大和絵を描き、周囲に紫の綾(あや)の縁を巡らし、乳(ち)に綱を通して取り付ける。ぜぞう。

ぜん‐じょう〔‐ジヤウ〕【軟障】

ぜじょう(軟障)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぜじょう【軟障】

〈ぜんじょう〉ともいい,(ちよう)の一種。奈良時代から平安時代にかけて宮殿貴族邸宅で用いられた。屛風などと異なって骨がなく,袷(あわせ)の絹綾製であるため障といった。形は幔幕に似ており,6,7条の帛(はく)を縦に縫いつなげ,四周幅広の縁をまわし,上に乳(ち)を付けてここに綱を通して張る。表には,高松を中心に四季の樹木を配した唐絵を描くのが普通で,これを〈高松の軟障〉といったが,嵯峨野の鷹狩を描くやまと絵もあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぜじょう【軟障】

殿上で用いる垂れ絹の壁代かべしろ。装飾もかねて表面に唐絵・大和絵を描き、周囲にへりをつけ、乳に綱を通して張る。ぜんじょう。ぜぞう。

ぜんじょう【軟障】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ぜじょう【軟障】

奈良時代から平安時代にかけて、宮殿や貴族の邸宅で宴(うたげ)や伎楽(ぎがく)の際に室内に張り巡らした装飾的な幕。平絹で仕立て、四周に幅広の縁をまわし、上に綱を通して張る。表には唐絵(からえ)や大和絵を描くのが一般的であった。◇「ぜんじょう」ともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軟障
ぜじょう

公家(くげ)が用いた屏障具(へいしょうぐ)の一種。「ぜんじょう」ともいい、軟らかい障子の意。柱の間、御簾(みす)の内側に掛け、間仕切りとして使われた装飾的な幕。平絹で仕立てる。壁代(かべしろ)と違い、絵を描き、周囲に紫綾(あや)の幅の広い縁をつけ、上部に乳(ち)を綴(と)じ付けて、それに紐(ひも)を通してつり下げる。『雅亮装束抄(まさすけそうぞくしょう)』大饗(たいきょう)の条によると、絵は高松を本体にして、四季の樹木を描いたとあり、これを「高松の軟障」とよんだ。また同抄に、東三条殿で使われた衝立(ついたて)障子に、嵯峨野(さがの)に狩りせし少将のさまを描いた軟障の絵が描かれているとあって、これらにより軟障の絵のありさまを知ることができる。『年中行事絵巻』内宴の場面、綾綺(りょうき)殿西庇(にしびさし)内側に唐絵(からえ)の山水人物を描いた軟障が掛けられ、また、大饗の場面、玄輝門西廊に同様の唐絵が描かれたものをみることができる。[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の軟障の言及

【軟障】より

…奈良時代から平安時代にかけて宮殿や貴族の邸宅で用いられた。屛風などと異なって骨がなく,袷(あわせ)の絹綾製であるため軟障といった。形は幔幕に似ており,6,7条の帛(はく)を縦に縫いつなげ,四周に幅広の縁をまわし,上に乳(ち)を付けてここに綱を通して張る。…

※「軟障」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

軟障の関連キーワード和家具垂れ絹御簾疎か装束殿上居間

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android