コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

轟[温泉] とどろき

1件 の用語解説(轟[温泉]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とどろき【轟[温泉]】

宮城県北西部,玉造(たまつくり)郡鳴子町にある温泉。鳴子温泉の北西,荒雄川に沿って11kmほどさかのぼった地にあり,鬼首(おにこうべ)温泉郷の中心をなす。泉源は古湯と新湯に分かれており,古湯は元和年間(1615‐24)にはすでに知られていたもので,新湯は嘉永年間(1848‐54)に発見されたと伝えられる。泉質は純食塩泉,泉温は80℃。JR陸羽東線鳴子駅からバスで約30分。鬼首スキー場にも近い。【谷沢 明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の轟[温泉]の言及

【鬼首温泉郷】より

…宮城県玉造郡鳴子町に属し,荒雄岳(984m)の西・南麓に,荒雄川に臨んで散在する(とどろき),神滝(みたき),宮沢,吹上,荒湯などの諸温泉の総称。轟温泉(食塩泉,80℃)の古湯は元和年間(1615‐24)ころ,新湯はその後に発見された。…

※「轟[温泉]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

轟[温泉]の関連キーワード荒雄岳大崎玉造玉造温泉玉作部鳴子峡鬼首温泉玉作り玉造温泉郷たまつくり

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone