コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那覇[市] なは

2件 の用語解説(那覇[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

那覇[市]【なは】

沖縄県沖縄島南部の市。1921年市制。県庁所在地。古くからの港町で,1879年沖縄県庁がおかれ,沖縄諸島の玄関口,政治・経済・文化の中心地として発達。第2次大戦で壊滅し,米軍に接収されたが,1946年市制復活,軍・民政府がおかれ,1955年都市計画が施行され,1954年首里市と小禄村,1957年真和志市を合併,急速に復興。
→関連項目沖縄[県]沖縄島首里城豊見城[市]琉球

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なは【那覇[市]】

沖縄県沖縄島(本島)南西部,東シナ海に面する県庁所在都市。1921年市制。54年首里(しゅり)市(1921市制),小禄村,57年真和志(まわし)市(1953市制)を編入。人口30万1890(1995)。市の中心部はかつて南の国場(こくば)川と北の安里(あさと)川に挟まれた島で浮島とも呼ばれていたが,両川の三角州が発達し,埋立ても進んで現在ではその面影はない。那覇は国場川河口にあって琉球王朝時代から首都首里の外港として栄えた那覇港と,安里川河口にあって離島航路の船の停泊地であった泊港の港町から発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

那覇[市]の関連キーワード沖縄海岸国定公園沖縄諸島沖縄島名護湾沖縄本島漫湖糸満嘉手納宜野湾比謝川

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone