那覇[市](読み)なは

百科事典マイペディアの解説

那覇[市]【なは】

沖縄県沖縄島南部の市。1921年市制。県庁所在地。古くからの港町で,1879年沖縄県庁がおかれ,沖縄諸島の玄関口,政治・経済・文化の中心地として発達。第2次大戦で壊滅し,米軍に接収されたが,1946年市制復活,軍・民政府がおかれ,1955年都市計画が施行され,1954年首里市と小禄村,1957年真和志市を合併,急速に復興。国際通り,平和通り,桜坂などの商店街,歓楽街も発展し,那覇,泊の両港も整備された。国際空港があり,沖縄自動車道が通じるほか,那覇空港〜首里には2003年8月,沖縄都市モノレールが開通。島内バス交通の中心地。消費都市的性格が強く,第3次産業就業者が8割以上を占めるが,泡盛,紅型(びんがた),漆器を特産。崇元寺,守礼門,首里城(1992年正殿が復元完成,世界遺産),玉陵(世界遺産),園比屋武御嶽石門(世界遺産),識名園(世界遺産),波上宮,第2次大戦の戦跡など史跡が多い。5月3〜5日のハーリー,10月10日の大綱挽は多くの観光客を集める年中行事。1999年5月漫湖がラムサール条約登録湿地となる。39.57km2。31万5954人(2010)。
→関連項目沖縄[県]沖縄島首里城豊見城[市]琉球

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なは【那覇[市]】

沖縄県沖縄島(本島)南西部,東シナ海に面する県庁所在都市。1921年市制。54年首里(しゅり)市(1921市制),小禄村,57年真和志(まわし)市(1953市制)を編入。人口30万1890(1995)。市の中心部はかつて南の国場(こくば)川と北の安里(あさと)川に挟まれた島で浮島とも呼ばれていたが,両川の三角州が発達し,埋立ても進んで現在ではその面影はない。那覇は国場川河口にあって琉球王朝時代から首都首里外港として栄えた那覇港と,安里川河口にあって離島航路の船の停泊地であった泊港の港町から発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android