コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那覇[市] なは

百科事典マイペディアの解説

那覇[市]【なは】

沖縄県沖縄島南部の市。1921年市制。県庁所在地。古くからの港町で,1879年沖縄県庁がおかれ,沖縄諸島の玄関口,政治・経済・文化の中心地として発達。第2次大戦で壊滅し,米軍に接収されたが,1946年市制復活,軍・民政府がおかれ,1955年都市計画が施行され,1954年首里市と小禄村,1957年真和志市を合併,急速に復興。
→関連項目沖縄[県]沖縄島首里城豊見城[市]琉球

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なは【那覇[市]】

沖縄県沖縄島(本島)南西部,東シナ海に面する県庁所在都市。1921年市制。54年首里(しゅり)市(1921市制),小禄村,57年真和志(まわし)市(1953市制)を編入。人口30万1890(1995)。市の中心部はかつて南の国場(こくば)川と北の安里(あさと)川に挟まれた島で浮島とも呼ばれていたが,両川の三角州が発達し,埋立ても進んで現在ではその面影はない。那覇は国場川河口にあって琉球王朝時代から首都首里外港として栄えた那覇港と,安里川河口にあって離島航路の船の停泊地であった泊港の港町から発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

那覇[市]の関連キーワード豊見城漫湖

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

那覇[市]の関連情報