コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長瀞(山形県) ながとろ

百科事典マイペディアの解説

長瀞(山形県)【ながとろ】

山形県東根(ひがしね)市の西部にある地名。山形盆地の北方,最上川支流白水(しろみず)川の右岸を占める。肥沃な土地柄で,古代の末期から中世にかけて摂関家渡領小田島(おだしま)庄の中心地であったとされる。15世紀には出羽(でわ)の有力氏族最上氏の4代満家が城を築いて隠栖したという。近世になると幕府の陣屋が置かれたが,1723年幕府の質地流地禁止令が公布された際,この法令発布を徳政令発布と誤解した農民たちが質取主の家々に押しかけ,質地証文を破棄させる騒動が起こっている(長瀞質地騒動)。1798年,無城格・定府の大名米津(よねきつ)氏領となる。同氏は所領の過半を長瀞とその周辺に有していたため,長瀞に陣屋を置いて支配した。これを長瀞藩ともいう。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android