コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香焼 こうやぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

香焼
こうやぎ

長崎県南部,長崎市中部の旧町域。長崎湾口にある香焼島を中心とする。1961年町制。2005年長崎市に編入。明治期から炭鉱造船の町として知られた。1936年川南造船所が立地,第2次世界大戦中に労働者 1万をこす活況をみせたが,1955年倒産。歴史の古い炭鉱も 1965年に閉山し一時衰退した。その後,東方の長崎市深堀との間の香焼水道埋め立て(1968)と,それに続く三菱長崎造船所(2015本工場の施設が世界遺産に登録)香焼工場の建設(1972)により大きく変貌した。約 80万m2の埋立地には三菱長崎造船所の関連企業が立ち並び,周辺には住宅が建設された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

香焼
こうやぎ

長崎県南部、西彼杵(にしそのぎ)郡にあった旧町名(香焼町(ちょう))。現在は長崎市の南西部を占める地域。旧香焼町は1898年(明治31)深堀(ふかぼり)村より分村、1961年(昭和36)町制施行。2005年(平成17)長崎市に編入。旧町域は、長崎港外に位置し、香焼島と蔭ノ尾(かげのお)島からなるが、両島は1923年(大正12)架橋で、1942年(昭和17)には埋立てによって結ばれ、さらに1971年工業用地の造成のための埋立てが完成、長崎半島と陸続きになった。江戸時代には、遠見(とおみ)岳(120メートル)に長崎港口警備の番所が置かれ、長浜にも番所があった。隠れキリシタンを含む半農半漁村であったが、明治末期以来、近代的採炭が盛んとなり、1936年には川南(かわなみ)造船所が設立され、繁栄に向かった。第二次世界大戦後、川南造船所は閉鎖し、1961年には年間9.2万トンを出炭した炭鉱も1964年には閉山。衰退の色をみせたが、1972年三菱(みつびし)重工業が川南造船所跡に100万トンドックを含む117万平方メートルの工場を完成させるとともに、香焼―深堀間の埋立地(80万平方メートル)を深堀香焼臨海工業団地として造成し、ふたたび活況を呈した。2011年(平成23)北西方にある沖之島(長崎市伊王島町)とを結ぶ伊王島大橋が開通した。[石井泰義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

香焼の関連キーワード宗谷(南極観測船)長崎県長崎市香焼町長崎県長崎市長崎(市)川南 豊作小宮 武喜三和[町]香焼[町]蔭ノ尾島長崎半島高島炭田今村 等伊王島今村等宗谷横島

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

香焼の関連情報