コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香焼 こうやぎ

2件 の用語解説(香焼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

香焼
こうやぎ

長崎県南部,長崎市中部の旧町域。長崎湾口にある香焼島を中心とする。 1961年町制。 2005年長崎市に編入。明治期から炭鉱と造船の町として知られた。 1936年川南造船所が立地,第2次世界大戦中に労働者1万をこす活況をみせたが,1955年倒産。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

香焼
こうやぎ

長崎県南部、西彼杵(にしそのぎ)郡にあった旧町名(香焼町(ちょう))。現在は長崎市の南西部を占める地域。旧香焼町は1898年(明治31)深堀(ふかぼり)村より分村、1961年(昭和36)町制施行。2005年(平成17)長崎市に編入。旧町域は、長崎港外に位置し、香焼島と蔭ノ尾(かげのお)島からなるが、両島は1923年(大正12)架橋で、1942年(昭和17)には埋立てによって結ばれ、さらに1971年工業用地の造成のための埋立てが完成、長崎半島と陸続きになった。江戸時代には、遠見(とおみ)岳(120メートル)に長崎港口警備の番所が置かれ、長浜にも番所があった。隠れキリシタンを含む半農半漁村であったが、明治末期以来、近代的採炭が盛んとなり、1936年には川南(かわなみ)造船所が設立され、繁栄に向かった。第二次世界大戦後、川南造船所は閉鎖し、1961年には年間9.2万トンを出炭した炭鉱も1964年には閉山。衰退の色をみせたが、1972年三菱(みつびし)重工業が川南造船所跡に100万トンドックを含む117万平方メートルの工場を完成させるとともに、香焼―深堀間の埋立地(80万平方メートル)を深堀香焼臨海工業団地として造成し、ふたたび活況を呈した。2011年(平成23)北西方にある沖之島(長崎市伊王島町)とを結ぶ伊王島大橋が開通した。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

香焼の関連キーワード長崎湾長崎県長崎市伊王島町長崎県長崎市出雲長崎県長崎市香焼町長崎県長崎市立山長崎県長崎市戸町長崎県長崎市中川長崎県長崎市中小島長崎県長崎市中里町長崎県長崎市中町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

香焼の関連情報