魚島(読み)うおしま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

魚島(愛媛県、旧村名)
うおしま

愛媛県北部、越智(おち)郡にあった旧村名(魚島村(むら))。2004年(平成16)弓削(ゆげ)町、生名(いきな)村、岩城(いわぎ)村と合併、上島(かみじま)町となる。旧村域は、燧灘(ひうちなだ)の島嶼(とうしょ)、魚島、高井神(たかいかみ)島の有人島のほか江ノ島、瓢箪(ひょうたん)島の無人の属島からなり、現在は上島町の南東部を占める。弓削島との間に定期船便があり、弓削島経由で今治(いまばり)港、因島(いんのしま)と結ばれる。魚島は古くは沖ノ島とよばれ、海賊衆の拠点でもあった。今治藩領で流刑の島ともなった。タイ網漁業の歴史は古く、「ウオシマ」の名は上方(かみがた)市場でも知られたが、昭和に入って漁獲量が減少。第二次世界大戦前には朝鮮半島近海への出漁もあった。漁業が主産業であるが、近年は養殖業や水産加工にも力を入れている。亀居八幡神社の宝篋印塔(ほうきょういんとう)は国指定重要文化財。瀬戸内海国立公園域。[横山昭市]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

魚島の関連情報