コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しみったれ シミッタレ

2件 の用語解説(しみったれの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しみっ‐たれ

[名・形動]《「しみたれ」の促音添加》
物惜しみすること。けちけちしていること。また、そういう人や、そのさま。「金に細かいしみったれなやつ」
こせこせして卑しいこと。また、そのさま。「しみったれな考え」
見た目や内容が、貧弱でみすぼらしいこと。安っぽいこと。また、そのさま。「しみったれななり」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しみったれ

( 名 ・形動 )
〔動詞「しみったれる」の連用形から〕
金品を出し惜しみすること。けちくさいさま。また、その人。 「田舎者は-だから五円もやれば驚ろいて眼を廻す/坊っちゃん 漱石
考えや気持ちが狭いさま。
見ばえがしないこと。貧弱なさま。また、貧乏でみすぼらしいさま。 「桜を植うえても-な樹は植込まねえから/安愚楽鍋 魯文
醜女。 「されど薄情じようなし不才てなしの-も艶子いろおとこの伉儷あいかたとなり/洒落本・嘉和美多里」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

しみったれの関連情報