しみったれ

精選版 日本国語大辞典の解説

しみっ‐たれ

〘名〙 (「しみたれ」の変化した語)
① (形動) けちくさいこと。けちけちしているさま。また、その人。吝嗇(りんしょく)。しみたれ。
※洒落本・青楼五雁金(1788)三「アノしみったれをつき出してしまやア」
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)二「ヱヱおめへまだ、そんなしみったれをいふは、いまの銭で蕎麦でも喰ふべい」
② (形動) 姿や形、また内容のみすぼらしいこと。安っぽくて見ばえのしないこと。いくじのないこと。また、そのさま。あるいは、そのような人。しみたれ。
※洒落本・狐竇這入(1802)五「おいらが、しみったれでくるもんだから、そふいふも尤(もっとも)だ」
③ (形動) 貧しいこと。また、そのさま。貧しい人。貧乏人。しみたれ。
※人情本・祝井風呂時雨傘(1838)一回「此方の娘の貧乏(シミッタレ)な所を見込んで、欲しがるのだ」
④ 醜女の異称。不美人。ぶす。
※洒落本・辰巳婦言(1798)四つ明の部「おそらく醜女。彼俗に云しみったれだらふ」
[語誌]⇒「しみたれ」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しみっ‐たれ

[名・形動]《「しみたれ」の促音添加》
物惜しみすること。けちけちしていること。また、そういう人や、そのさま。「金に細かいしみったれなやつ」
こせこせして卑しいこと。また、そのさま。「しみったれな考え」
見た目や内容が、貧弱でみすぼらしいこと。安っぽいこと。また、そのさま。「しみったれななり」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android