コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカコッコ アカコッコTurdus celaenops; Izu thrush

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカコッコ
Turdus celaenops; Izu thrush

スズメ目ツグミ科。全長 23cm。雄は頭部と胸が黒く,腹は脇が赤褐色で,中央が白い。雌は全体に雄より淡色。体形や羽色は本州中部以北に繁殖分布しているアカハラに似ているが,体の各部位の色が濃い。日本固有種で,伊豆諸島の島々(利島新島式根島神津島三宅島御蔵島八丈島青ヶ島)で繁殖し,冬季は大島伊豆半島にも出現する。1988年に鹿児島県の吐噶喇列島でも繁殖が確認されている。おもに広葉樹林や低木林に営巣する。1975年に国の天然記念物に指定された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アカコッコ

ヒタキ科の鳥。翼長12cm。伊豆七島トカラ列島のみにすむ固有種。全島の林に一年中見られる。低い枝上に皿形の巣を作り,ミミズ,昆虫および果実を食べる。天然記念物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アカコッコ【Izu island thrush】

スズメ目ヒタキ科の鳥。全長約23cm。雄は頭と胸が黒く,腹と脇は濃いキツネ色。雌は黒い羽毛がほとんどなく,雄よりも全体に淡い羽色をしているが,頭と胸が黒いものも少数いる。伊豆諸島の大島から青ヶ島にかけての各島に生息しており,大島以外では繁殖もしている。照葉樹林や二次林にすみ,地上をピョンピョンはねながら,ミミズや昆虫を探し出して食べる。また,タブノキイボタノキ,クワなどの木の実がなる季節には,樹上でそれらもとって食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカコッコ
あかこっこ
Seven Islands thrush
[学]Turdus celaenops

鳥綱スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科の鳥。日本特産種。伊豆諸島の利(と)島、新(にい)島、式根島、神津(こうづ)島、三宅(みやけ)島、御蔵(みくら)島、八丈島、青ヶ島で繁殖し、越冬する。海岸から山頂の林まで、植生の違いにかかわりなく、数多く生息している。形態、生態ともに近縁のアカハラによく似ているが、色がより濃く、目の周囲には細い黄色の輪がある。全長約23センチメートル。地上を跳ね歩きながら落葉を足でかいて、下に潜む昆虫などをついばむことが多い。木の実もよく食べる。タケやハマアジサイなどの枝上に巣をかけ、3~4個の卵を産む。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アカコッコの関連キーワード航空写真航空カメラ伊藤聡子宮本江梨子芹澤しずか松本潤子花岡真弓澤田明子橋本すみれ鈴木智子

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アカコッコの関連情報