コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブラナ(油菜) アブラナBrassica rapa var. nippo-oleifera; rape

2件 の用語解説(アブラナ(油菜)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブラナ(油菜)
アブラナ
Brassica rapa var. nippo-oleifera; rape

アブラナ科の二年草または一年草で,古くから野菜として畑や水田の裏作としてつくられ,間引き菜や若菜を食用とした。茎は高さ約 1m,上部でまばらに分枝する。葉は下部のものは柄があり大きく羽状に裂けるが,花茎につく葉は柄がなく茎を抱いている。3~4月に,総状花序に黄色の十字形の花を開く。いわゆる菜の花である。萼片,花弁ともに4枚,おしべは6本のうち2本が短い。果実は細長い 蒴果で種子は丸く黒い。種子は約 43%の油を含み,しぼって菜種油をとり,さらに精製したものを白絞油といい食用にする。油をしぼったかすが油かすで,飼料や肥料に用いる。花が美しいので切り花の需要も多く,また蜂蜜の原料としても重要である。しかし,最近ではアメリカ産の別種セイヨウアブラナ B. napusのほうが多くつくられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アブラナ【アブラナ(油菜) mustard】

油料植物や野菜として重要なアブラナ類は,4月ころ黄色の十字花をつけるアブラナ科植物で,種子には40~45%の油を含み,世界中で広く栽培される。明治以後セイヨウアブラナの栽培が始まる前は,日本ではアブラナが植物性油の中でも最も重要なものであった。 このアブラナ類の所属するアブラナ属Brassicaは約40種からなり,北半球に広く分布している。この属には,アブラナ,カブ,ハクサイキャベツカラシナなど多くの有用植物が含まれ,葉や根は野菜や飼料作物として,また種子から良質の油がとれるので油料作物として重要であり,さらに観賞用として利用されるものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアブラナ(油菜)の言及

【油】より

…オリーブ油が食用として用いられるようになったのはヨーロッパに伝えられてからである。また,この地方で改良されたものには,アマとアブラナ類がある。特に後者はインド,東アジアに伝えられて重要な油料植物となる。…

【漬菜】より

…主として漬物に利用される葉菜類をいう。種子を利用するアブラナ(ナタネ)が中国で品種改良され,さらに日本に導入され,それらから各地方に特有な多数のアブラナ起源の葉菜類が発達した。漬菜は,それらから特徴的な群になった,カブとハクサイ類を除く一・二年生の栽培アブラナ葉菜類である。…

【ナタネ(菜種)】より

…日本で,種子からナタネ油をとるために栽培され,ナタネと総称されるものには,アブラナ科の,植物学的に異なった2種の作物がある。その一つアブラナBrassica campestris L.(英名Chinese colza。…

※「アブラナ(油菜)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone