アポイ岳(読み)あぽいだけ

日本大百科全書(ニッポニカ)「アポイ岳」の解説

アポイ岳
あぽいだけ

北海道日高振興局管内の様似町(さまにちょう)にある山。日高山脈南端の海岸に面し、標高810メートル。高くはないが高山植物宝庫として知られ、その群落が国の特別天然記念物に指定されている。山腹から頂上にかけてハイマツの群落が発達し、そのなかに高山植物は80種以上を数え、なかでもヒダカソウ、エゾコウゾリナなどはここ以外にはみられない。1981年(昭和56)日高山脈襟裳(えりも)国定公園の一部となり、全山が特別保護地区および第1種特別地域となっている。

[柏村一郎]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「アポイ岳」の解説

アポイ岳【アポイだけ】

北海道日高地方,様似町中央部にある山。標高は810mと決して高い山ではないが,塩基性栄養素の乏しい地質であること,太平洋岸から約4kmと近く夏場に海霧の影響を受けて気温があまり上がらないことなどから,高山植物の宝庫として知られている。山の名前を冠した固有植物も多く,山一帯は高山植物群落として国の特別天然記念物に指定されている。登山口の冬島には,宿泊施設や展示・案内を行うビジターセンターなどがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アポイ岳」の解説

アポイ岳
アポイだけ

北海道南部,日高山脈の南西部にある山。標高 811m。様似 (さまに) 町に属する。千島列島およびカムチャツカ半島,シベリア方面の寒地植物と,エゾイヌノハナヒゲ,アポイセキショウなど特定の植物が豊富なため,国内では最もすぐれた高山植物群落の所在地として知られる。 1952年特別天然記念物に指定。また 50年襟裳道立自然公園の一部に指定,81年日高山脈襟裳国定公園に含まれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアポイ岳の言及

【様似[町]】より

…製材などの工場が立地し,競走馬の育成が伸長している。襟裳道立自然公園の入口に当たり,アポイ岳(811m)の高山植物群落は特別天然記念物に指定されている。【岡本 次郎】。…

※「アポイ岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android