コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリシウム アメリシウム americium

翻訳|americium

6件 の用語解説(アメリシウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリシウム
アメリシウム
americium

元素記号 Am ,原子番号 95。周期表3族のアクチノイド元素超ウラン元素の1つ。 1944年 G.T.シーボーグらによりプルトニウム 241のβ壊変から生じたアメリシウム 241が初めて発見された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アメリシウム(americium)

アクチノイドに属する超ウラン元素の一。プルトニウム中性子を照射してつくられた人工放射性元素で、アメリカ大陸にちなんで命名。元素記号Am原子番号95。最も半減期の長い同位体質量数243。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アメリシウム

元素記号はAm。原子番号95。融点850℃。1944年G.T.シーボーグ,R.A.ジェームズL.O.モーガンらにより原子炉中でプルトニウムに中性子を照射して得られた人工放射性同位元素
→関連項目シーボーグ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アメリシウム【americium】

周期表元素記号=Am 原子番号=95融点=850℃以下 沸点=2600℃比重=13.7電子配置=[Rn]5f76d07s2おもな酸化数=III,IV,V,VI人工元素で,周期表第IIIA族に属するアクチノイドの一つ。12種の同位体が知られているが,いずれも放射性同位体で,半減期最長のものは243Am(7.95×103年)。1944年アメリカのシーボーグGlenn Theodore Seaborgらが,原子炉中でプルトニウム239(239Pu)に中性子を照射すると241Puが生じ,これがβ崩壊することによって質量数241,原子番号95の新元素241Amが得られることを発見した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アメリシウム【americium】

アクチノイドの一。元素記号 Am  原子番号95。同位体はすべて放射性。1944年アメリカのシーボーグによって発見された。プルトニウムを原料として製造。銀白色の固体。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリシウム
あめりしうむ
americium

超ウラン元素の一つ。原子番号95、元素記号Am。アクチノイドの7番目に位置し、ランタノイドの7番目であるユウロピウムとの対比でアメリカ大陸にちなんで命名された。
 1944年、アメリカのシーボーグらが原子炉中でプルトニウム239を中性子照射して生じたプルトニウム241がβ(ベータ)壊変し、アメリシウム241となることを発見した。20種以上知られている同位体の多くは短寿命であるが、つくりやすい241の半減期は432年と比較的長く、銀白色で展延性のある単体金属として、また多くの化合物として得られている。酸化数+、+、+の化合物があり、+の状態がもっとも安定であることはユウロピウムと似ている。質量数241の同位体は、煙感知器(火災報知器)に利用されるが、日本では2004年(平成16)の放射線障害防止法改正により規制の対象となり、使用は推奨されていない。また、もっとも長い半減期7.7×103年をもつ243は他の超ウラン元素の合成原料となる。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアメリシウムの言及

【同位体】より

…天然に存在しない元素はたとえば次のようにしてつくられる。(1)アメリシウムAm Uを高速α粒子(40MeV)で衝撃する。(2)カリホルニウムCf Uに加速した炭素イオンで衝撃する。…

※「アメリシウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アメリシウムの関連キーワードオスミウム白金ニッケルネオジムハフニウムバリウムモリブデンルテニウムスズ(錫)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アメリシウムの関連情報