コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントニウス[パドバ] アントニウス[パドバ]Antonius of Padua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アントニウス[パドバ]
Antonius of Padua

[生]1195. リスボン
[没]1231.6.13. パドバ
聖人。教会博士。ビンセンシオ修道院に入り (1210) ,司祭となったが,1220年フランシスコ会に移り,すぐれた説教師としてイタリア各地で活躍した。ボローニャ大学神学講師,ロマニアの管区長をつとめ (27~30) ,のちにパドバに行き教育と説教に従事した。貧者の保護聖人。祝日6月 13日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アントニウス[パドバ]の関連キーワードサンアントニオ聖堂春華門院アレクシウス3世土御門天皇土御門天皇土御門天皇アントニウス[パドバの]施無畏寺土御門天皇土御門天皇

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android