コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンピール様式 アンピールようしきEmpire style

6件 の用語解説(アンピール様式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンピール様式
アンピールようしき
Empire style

ナポレオン帝政下 (1804~14) に流行した,建築,室内装飾,家具,工芸の新古典主義的装飾様式。広義には同時代の絵画や彫刻も含めた美術様式をさす。実際には,総裁政府時代 (1795) 頃から始り,19世紀後半まで流行。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アンピール‐ようしき〔‐ヤウシキ〕【アンピール様式】

《〈フランス〉Empireは帝政の意》19世紀初めのフランスの建築・工芸様式の一。古典主義的な形態で、力強く荘重な作風。エトワール凱旋門(がいせんもん)・マドレーヌ寺院など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アンピール様式【アンピールようしき】

19世紀初頭のフランスで流行した室内装飾,工芸,服飾の様式。ギリシアローマ時代に範を求める新古典主義で,ナポレオン帝政時代に最も盛んであったためアンピールempire(帝国)の名で呼ばれる
→関連項目シェラトンフォンテーヌ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンピールようしき【アンピール様式】

19世紀初め,ナポレオン帝政期を中心として開花したフランス美術,とくに建築,室内装飾,家具,衣装に見られる様式。〈アンピールEmpire〉はフランス語で〈帝政〉を意味する。執政官時代(ディレクトアール様式)に始まり,王政復古後にも若干期間,この様式は残存している。古代美術の賛美者であり,壮大さと古典的格調を望んだナポレオンのもとで,絵画における新古典主義が隆盛を見たのと同様,建築,都市計画においても,壮大さと秩序に対する指向があらわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アンピールようしき【アンピール様式】

ナポレオン一世の時代にヨーロッパで流行した、古代ローマやエジプトのモチーフを主とした家具・装飾などの様式。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

アンピールようしき【アンピール様式】

ナポレオン1世の帝政期以降、19世紀初めのフランスを中心にヨーロッパで流行した建築・家具・装飾などの様式。古代ギリシャ・ローマを範とした、直線的で力強く端正な様式に、帝国の威信を表現する豪華で荘重な装飾を加味した意匠が特徴。装飾のモチーフには、ギリシャ・ローマ風のもののほか、スフィンクス象形文字などのエジプト風のものもとり入れた。家具にはブロンズマホガニーなど、重厚な材が好まれ、調度や食器などの装飾に金細工を多用した。建築の代表例はパリのエトワール凱旋門(がいせんもん)、カルーゼル凱旋門など。◇「アンピール(Empire)」はフランス語で「帝政」の意。

出典|講談社
家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内のアンピール様式の言及

【いす(椅子)】より

…イギリスでは古典主義の建築家ロバート・アダムが背もたれに盾形・卵形・ハート形などの意匠を採り入れ,厳しい比例による古典様式のいすを流行させた。19世紀前期には古代ローマのデザインを採り入れたナポレオン1世のアンピール様式(アンピールは〈帝政〉の意)のいすが流行,この様式はイギリスではリージェンシー様式とよんで軽快なギリシア風のデザインを示し,ドイツ・オーストリアではビーダーマイヤー様式とよばれ,簡潔で機能性に富んだ形式として一般市民の生活に浸透した。19世紀中期から後期にかけて,ビクトリア様式の豪華ないすが人気を博した。…

【ディレクトアール様式】より

…〈メシドール(収穫月)様式style Messidor〉ともいう。ルイ16世様式(ルイ王朝様式)とアンピール様式の間にあって前者の様式を反映し,また後者への過渡的推移を示す。この時代の不安定さのため建築の実例はなく,室内装飾の残存例も少ない。…

【フォンテーヌ】より

…ローマ留学後ペルシエとともに王室建築家としてチュイルリーなどの宮殿の修復を担当し,ナポレオンの帝政ローマ再現の夢を実現するために尽くす。ペルシエと共同で設計したカルーゼル凱旋門(1806)などを通してアンピール様式を築いた。【羽生 修二】。…

【ペルシエ】より

…ローマ大賞を得てローマ留学を果たし,帰国後フォンテーヌを協力者としたマルメゾン城の室内装飾(1802)でナポレオンに認められ,王室建築家としてチュイルリー,ルーブルなどの宮殿の修復に当たり,主として室内装飾と家具デザインを担当。ナポレオンの要望にこたえて帝政ローマを想起させるアンピール様式を完成した。【羽生 修二】。…

※「アンピール様式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アンピール様式の関連キーワード文化岩井半四郎奈破崙天竺徳兵衛プチャーチンギャンジャセルビア蜂起チャオ・アヌドーミエナポレオン戦争

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone