エレクトロン

精選版 日本国語大辞典「エレクトロン」の解説

エレクトロン

〘名〙
① (electron elektron (「琥珀(こはく)」の意)から) 電子。
物理学と感覚(1917)〈寺田寅彦〉「原子内のエレクトロン運動」
② (electron metal から) マグネシウム主成分とする軽合金の一つ。アルミニウム系の軽合金より軽くて強いが、耐食性は少ない。ドイツのエレクトロン社が作り出したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「エレクトロン」の解説

エレクトロン
Elektron

放射線帯の調査目的としたソ連の科学観測用双子衛星。1,2号は 1964年1月 30日,3,4号は 64年7月 11日に打上げられた。

エレクトロン

電子」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のエレクトロンの言及

【電子】より

…エレクトロン,β粒子ともいう。物質を構成する基本的素粒子の一つ。…

【コハク(琥珀)】より

…【町田 章】
[伝承]
 前600年ごろ,コハクの電気を帯びやすい特性を発見したのはタレスであった。コハクをギリシア語でエレクトロンēlektronというが,これが電気の語源であることはいうまでもない。古代の中国人は,虎が死ぬと精魄が地に入り,化してコハクになると考えた。…

※「エレクトロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かにの日

6月22日。JRI株式会社かに道楽が制定。同社が経営するカニ料理店「かに道楽」でキャンペーンを実施する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android