コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオハクチョウ Cygnus cygnus; whooper swan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオハクチョウ
Cygnus cygnus; whooper swan

カモ目カモ科。全長 140~165cm,翼開張 205~275cm。体重がおよそ 15kgにもなり,現生の飛ぶ鳥のなかでは最も重い一種の大型の水鳥。成鳥の羽色は全身純白。基部側が黄色で,それが鼻孔の下先にとがったように伸び,先端が黒い。脚も黒い。幼鳥は全体灰褐色から灰白色で,嘴の基部が肉色をしている。繁殖地はスカンジナビア半島東部,アイスランドからシベリアを経てオホーツク海沿岸に及ぶ。巣は湿原や淡水域の沿岸の乾燥した草地につくる。冬季はヨーロッパ西部や南部,黒海カスピ海朝鮮半島や日本,中国東部などに渡り,浅瀬のある湾内や広い河川,湖沼に群れ集まって生活する。草食で,体の前半部を水中に突っ込んで水草の葉,茎,根などをとるほか,陸上でも草や落ち穂を採食する。日本には冬鳥(→渡り鳥)として渡来し,青森県小湊の渡来地は国の特別天然記念物に,新潟県瓢湖は国の天然記念物に指定されている。(→ガンカモ類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オオハクチョウ

カモ科の鳥。翼長60cm。コハクチョウとともに日本で見られる代表的なハクチョウ類。上くちばしの黄色い部分が黒い部分より大きく,その点でコハクチョウとの区別ができる。
→関連項目厚岸湖伊豆沼ハクチョウ(白鳥)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオハクチョウ
おおはくちょう / 大鵠・大白鳥
whooper swan
[学]Cygnus cygnus

鳥綱カモ目カモ科の鳥。全長約1.55メートルにも達する大形種で、旧北区北部に広く繁殖し、温帯部に越冬する。日本の渡来地では、北海道の風蓮湖(ふうれんこ)、尾岱沼(おだいとう)、青森県の小湊(こみなと)、大湊、新潟県の瓢湖(ひょうこ)などが著名なほか、宮城県の松島湾と伊豆沼や茨城県の霞ヶ浦(かすみがうら)もあげられる。小湊は特別天然記念物、瓢湖は国の天然記念物に指定されている。とくに後者は、少数から人工給餌(きゅうじ)によって増え、人間に慣れたハクチョウの観察地として知られる。[黒田長久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オオハクチョウの関連キーワード日本のラムサール条約登録湿地浅虫夏泊県立自然公園ハクチョウ(白鳥)コブハクチョウ宮城県栗原市小清水(町)島根[県]瓜連[町]根室(市)霧多布湿原ガン(雁)那珂(市)野辺地湾御所ダム黒田長久夏泊半島コクガン島根県平内町牛久沼

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オオハクチョウの関連情報