コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオワシ(大鷲) オオワシ Steller’s sea‐eagle

1件 の用語解説(オオワシ(大鷲)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オオワシ【オオワシ(大鷲) Steller’s sea‐eagle】

タカ目タカ科の鳥(イラスト)。オホーツク海沿岸地方に分布する大型の海ワシで,日本の北部に冬鳥として渡来する。とくに北海道の北東部と東部海岸の湖沼に飛来し,知床半島では数百羽が一つの谷をねぐらとして利用している。全長約95cm,翼の開張220~240cm。オジロワシより大きく,体重9kgに達する雌もある。鋭いつめは直径約10cmの半円形をしており,ライオンのきばよりも大きい。全身黒褐色だが,翼の前縁,脚,尾は白く,大きなくちばしと足は黄色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オオワシ(大鷲)の関連キーワードオホーツクオホーツク海オホーツク海気団オホーツク海高気圧オホーツク文化オホーツク総合振興局熊鷹Охотскオホーツク紋別

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone