コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマゲラ Dryocopus martius; black woodpecker

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クマゲラ
Dryocopus martius; black woodpecker

キツツキ目キツツキ科。全長 45~57cmで,カラス大の大型のキツツキ。雄は頭上から後頭に赤い羽毛が伸びて冠羽(→羽冠)となる。体のほかの部分は黒い。雌は後頭部のみが赤く,ほかの部分は黒い。はまっすぐで長く,先端は黒いが,基部側は黄白色。フランスより東のヨーロッパからシベリア東部,東アジア北部,カムチャツカ半島に及ぶユーラシア大陸の中緯度地域のほか,黒海からカスピ海南部,チベット東部などに不連続に分布する。熱帯林からタイガまでおもに巨木の多い原生林に生息する。雑食性だが,昆虫など無脊椎動物が主食でアリを好み,果実や種子など植物質は少ない。日本では北海道のほか,少数が東北地方北部のブナ林で繁殖する。1965年国の天然記念物に指定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クマゲラ

キツツキ科の鳥。翼長24cm。黒い大型のキツツキで,頭部に鮮赤色の羽毛がある。ユーラシア大陸中部に分布し,日本では北海道と東北北部で繁殖する留鳥。山地の原生林にすみ,巨木の幹に穴を掘って巣とする。
→関連項目キツツキ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマゲラ
くまげら / 熊啄木鳥
black woodpecker
[学]Dryocopus martius

鳥綱キツツキ目キツツキ科の鳥。大形種で、全長約45センチメートル。全身黒色で、雄の頭部と雌の後頭だけが赤い。ヨーロッパからアジア北部にかけて分布し、日本では北海道と秋田県八幡平(はちまんたい)に生息する。おもに針葉樹林にすみ、昆虫やアリなどを地上で採食することも多い。巣は大木に大きな穴を掘ってつくる。そのため、大木のある天然林が伐採されるにつれて、近年はかなり減少している。1965年(昭和40)に国の天然記念物に指定された。[浦本昌紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クマゲラの関連キーワード日本のラムサール条約登録湿地天塩岳道立自然公園森吉山県立自然公園キタタキ(木啄)スイス国立公園野幌森林公園浦本昌紀ウィン太白神山地小又峡啄木鳥森吉山森吉

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クマゲラの関連情報