コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマゲラ クマゲラ Dryocopus martius; black woodpecker

3件 の用語解説(クマゲラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クマゲラ
クマゲラ
Dryocopus martius; black woodpecker

キツツキ目キツツキ科。全長 46cm。雄は頭上から後頭にかけて赤く,体の他の部分は黒い。雌は後頭部のみ赤く,他の部分は黒い。嘴は象牙色。旧北区の中緯度地域一帯に広く分布し,おもに巨木の多い針葉樹林に生息している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クマゲラ

キツツキ科の鳥。翼長24cm。黒い大型のキツツキで,頭部に鮮赤色の羽毛がある。ユーラシア大陸中部に分布し,日本では北海道と東北北部で繁殖する留鳥。山地の原生林にすみ,巨木の幹に穴を掘って巣とする。
→関連項目キツツキ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマゲラ
くまげら / 熊啄木鳥
black woodpecker
[学]Dryocopus martius

鳥綱キツツキ目キツツキ科の鳥。大形種で、全長約45センチメートル。全身黒色で、雄の頭部と雌の後頭だけが赤い。ヨーロッパからアジア北部にかけて分布し、日本では北海道と秋田県八幡平(はちまんたい)に生息する。おもに針葉樹林にすみ、昆虫やアリなどを地上で採食することも多い。巣は大木に大きな穴を掘ってつくる。そのため、大木のある天然林が伐採されるにつれて、近年はかなり減少している。1965年(昭和40)に国の天然記念物に指定された。[浦本昌紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クマゲラの関連キーワードコゲラ啄木鳥五月躑躅寺啄小啄木鳥アリスイ(蟻吸)キタタキ(木啄)キツツキ(啄木鳥)クマゲラ(熊啄木鳥)ハシジロキツツキ(嘴白啄木鳥)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クマゲラの関連情報