コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルトー コルトー Cortot, Alfred-Denis

6件 の用語解説(コルトーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルトー
コルトー
Cortot, Alfred-Denis

[生]1877.9.26. ニヨン
[没]1962.6.15. ローザンヌ
フランスピアニスト,指揮者。パリ音楽院で L.ディエメルに師事,1896年卒業後ピアニストとしてデビュー。一方,ワーグナーに傾倒し,翌年バイロイトへ行き,副指揮者として活躍。 1902年『神々の黄昏』と『トリスタンとイゾルデ』のパリ初演を指揮。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コルトー(Alfred Cortot)

[1877~1962]フランスのピアノ奏者。ロマン派以降の作品について造詣が深く、特にショパンの演奏で独特の境地を示した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コルトー

フランスのピアノ奏者,指揮者,教育家。スイスジュネーブ湖畔ニヨンに生まれ,パリ音楽院に学ぶ。1897年にピアノ奏者としてデビュー。その後R.ワーグナーに傾倒し,1902年《神々の黄昏》(《ニーベルングの指環》)と《パルジファル》(パルチファル)のパリ初演を指揮。
→関連項目フルニエマセダマルケビチ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コルトー【Alfred Cortot】

1877‐1962
フランスのピアノ奏者。ショパン演奏に一時期を画した。パリ音楽院を卒業,翌1897年デビューして輝かしい成功をおさめた。その後ワーグナーに傾倒してバイロイトに行き,1902年《神々のたそがれ》と《パルジファル》のパリ初演を指揮。05年チェロカザルスバイオリンティボーと結成したカザルス・トリオは,20世紀最高のピアノ三重奏団といわれた。17年母校のピアノ教授に就任したが意見が合わず辞任,19年エコル・ノルマル・ド・ミュジックを創立,後進の育成に力を注いだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コルトー【Alfred Denis Cortot】

1877~1962) フランスのピアノ奏者・指揮者。二〇世紀前半のフランスのピアノ界を代表する名手。ショパン・シューマン・ドビュッシーなどを得意とした。カザルス・ティボーとの三重奏も有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルトー
こるとー
Alfred Cortot
(1877―1962)

フランスのピアノ奏者。テンポ・ルバートを極限まで利用、ショパン演奏に一時期を画したほか、シューマンドビュッシーでも独自の境地を示した、20世紀前半を代表する大家の一人。スイスのニヨンに生まれ、幼時パリに移る。パリ音楽院を卒業した翌1897年にデビューしたが、ワーグナーに心酔してバイロイトに行き、ワーグナー研究に没頭、帰国後は指揮者としてワーグナーの楽劇のパリ初演に尽力した。1905年、チェロのカザルス、バイオリンのチボーカザルス三重奏団を結成、室内楽の普及に大きく貢献。17年パリ音楽院の教授に就任したが、教育方針をめぐって学校当局と意見が対立、辞任。19年エコール・ノルマル・ド・ミュジックを創立して院長となり、後進の指導と育成にあたった。その間、独奏者としても活躍を続け、世界的な名声を確立。52年(昭和27)に来日したが、そのときはすでに技巧が著しく衰えていた。しかし熟成したロマン的感覚に根ざしたその演奏は、聴き手の琴線に触れることが多く、その片鱗(へんりん)は残されたレコードで味わうことができる。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルトーの関連キーワードフランソアルビンステインパデレフスキー譜捲りジュノム左手のためのピアノ協奏曲ドゥシュニキ国際ショパン・ピアノ音楽祭フリードマン:ゲルトナーの主題によるウィーン舞曲/piano soloベネデッティ・ミケランジェリペルルミュテール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コルトーの関連情報