コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルトー コルトーCortot, Alfred-Denis

6件 の用語解説(コルトーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルトー
コルトー
Cortot, Alfred-Denis

[生]1877.9.26. ニヨン
[没]1962.6.15. ローザンヌ
フランスピアニスト,指揮者。パリ音楽院で L.ディエメルに師事,1896年卒業後ピアニストとしてデビュー。一方,ワーグナーに傾倒し,翌年バイロイトへ行き,副指揮者として活躍。 1902年『神々の黄昏』と『トリスタンとイゾルデ』のパリ初演を指揮。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コルトー(Alfred Cortot)

[1877~1962]フランスのピアノ奏者。ロマン派以降の作品について造詣が深く、特にショパンの演奏で独特の境地を示した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

コルトー

フランスのピアノ奏者,指揮者,教育家。スイスジュネーブ湖畔ニヨンに生まれ,パリ音楽院に学ぶ。1897年にピアノ奏者としてデビュー。その後R.ワーグナーに傾倒し,1902年《神々の黄昏》(《ニーベルングの指環》)と《パルジファル》(パルチファル)のパリ初演を指揮。
→関連項目フルニエマセダマルケビチ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コルトー【Alfred Cortot】

1877‐1962
フランスのピアノ奏者。ショパン演奏に一時期を画した。パリ音楽院を卒業,翌1897年デビューして輝かしい成功をおさめた。その後ワーグナーに傾倒してバイロイトに行き,1902年《神々のたそがれ》と《パルジファル》のパリ初演を指揮。05年チェロカザルスバイオリンティボーと結成したカザルス・トリオは,20世紀最高のピアノ三重奏団といわれた。17年母校のピアノ教授に就任したが意見が合わず辞任,19年エコル・ノルマル・ド・ミュジックを創立,後進の育成に力を注いだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

コルトー【Alfred Denis Cortot】

1877~1962) フランスのピアノ奏者・指揮者。二〇世紀前半のフランスのピアノ界を代表する名手。ショパン・シューマン・ドビュッシーなどを得意とした。カザルス・ティボーとの三重奏も有名。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルトー
こるとー
Alfred Cortot
(1877―1962)

フランスのピアノ奏者。テンポ・ルバートを極限まで利用、ショパン演奏に一時期を画したほか、シューマンドビュッシーでも独自の境地を示した、20世紀前半を代表する大家の一人。スイスのニヨンに生まれ、幼時パリに移る。パリ音楽院を卒業した翌1897年にデビューしたが、ワーグナーに心酔してバイロイトに行き、ワーグナー研究に没頭、帰国後は指揮者としてワーグナーの楽劇のパリ初演に尽力した。1905年、チェロのカザルス、バイオリンのチボーカザルス三重奏団を結成、室内楽の普及に大きく貢献。17年パリ音楽院の教授に就任したが、教育方針をめぐって学校当局と意見が対立、辞任。19年エコール・ノルマル・ド・ミュジックを創立して院長となり、後進の指導と育成にあたった。その間、独奏者としても活躍を続け、世界的な名声を確立。52年(昭和27)に来日したが、そのときはすでに技巧が著しく衰えていた。しかし熟成したロマン的感覚に根ざしたその演奏は、聴き手の琴線に触れることが多く、その片鱗(へんりん)は残されたレコードで味わうことができる。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コルトーの関連キーワード菊池大麓杵屋六左衛門レヤード桐野利秋宮崎八郎オスロ大森貝塚既製服西南戦争大学南校

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コルトーの関連情報