コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアン化水素 シアンかすいそhydrogen cyanide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シアン化水素
シアンかすいそ
hydrogen cyanide

化学式 HCN 。無色,揮発性の液体または気体。融点-31.4℃,沸点 25.7℃,特異臭あり。水,アルコールに溶け,水溶液は弱酸性を示す。体積で7~40%のシアン化水素を含む空気は爆発的に燃焼し,二酸化炭素と窒素を生ずる。猛毒で,人間の場合致死量は 0.06gで,吸入すると数秒で死にいたる (→青酸中毒 ) 。用途としては殺虫剤のほか,ニトリルの合成や鉄および銅の表面硬化や電気メッキ,鉱石の濃縮など広く用いられる。俗に青酸ガスともいい,その水溶液,すなわちシアン化水素酸を青酸ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シアン化水素【シアンかすいそ】

化学式はHCN。融点−13.3℃,沸点25.64℃。青酸,青化水素とも。リンゴ,モモ,アンズなどの種子中に含まれるアミグダリンなどの成分は酵素や酸によってシアン配糖体が分解すると,シアン化水素(酸)を生ずる。
→関連項目シアン化水素酸

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

シアン化水素

 HCN(mw27.03).融点−13.3℃,沸点25.7℃.シアン化水素酸,青酸ともいう.弱い酸で,独特の臭気をもつ猛毒のガス.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シアンかすいそ【シアン化水素 hydrogen cyanide】

青酸,青化水素などとも俗称される。化学式HCN。リンゴ,モモ,アンズ,サクランボなどの種子中にアミグダリンなどの配糖体として含まれている。これらは酸による加水分解や酵素によってシアン化水素を分離する。工業的には,メタン,アンモニア,空気の混合ガスを白金触媒で部分酸化させる方法,一酸化炭素とアンモニアからホルムアルデヒドをつくり,熱分解する方法がある。またソハイオ法によるアクリロニトリルの製造過程で副生するシアン化水素が用いられ,とくに日本では副生シアン化水素の占める割合が高い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シアンかすいそ【シアン化水素】

水によく溶ける無色の液体(沸点摂氏25.7度)。化学式 HCN 特異臭をもち猛毒で、致死量0.06グラム。水溶液は弱酸性で、シアン化水素酸とも青酸ともいう。反応性が強く、殺虫剤や、アクリル系繊維や樹脂の合成原料となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シアン化水素
しあんかすいそ
hydrogen cyanide

水素のシアン化物。ギ酸ニトリルともいう。俗称青化水素、青酸ガス。アミグダリンなどの配糖体としてウメの実などに含まれる。シアン化カリウムシアン化カルシウムに酸を作用させて得られるが、工業的にはメタン、アンモニア、空気の混合物を、白金触媒の存在下に、常圧、1000℃で反応させてつくる。プロピレンからアクリロニトリル製造の際の副産物としても得られる。原始大気中に含まれた小さな分子の一つで、生物学的に重要な化合物の出発物質と考えられている。無色の揮発性液体。液体は比誘電率がきわめて大きく、そのため塩類をよく溶かす。特有の臭気があり、点火すると紫色の炎をあげて燃える。液体は不安定で長時間貯えると重合して暗褐色の爆発性の固体となる。固体の状態では、シアン化水素分子は水素結合で無限大の鎖をつくっている。液体中でもかなりの程度水素結合が残っている。水、エタノール(エチルアルコール)、エーテルなどと任意の割合で混ざり合う。水溶液は弱酸性を示し、この液をシアン化水素酸あるいは俗称で青酸という。
 シアン化ナトリウムなど無機シアン化物の合成や、メタクリル酸メチル、ヘキサメチレンジアミン、乳酸および乳酸エステル、α(アルファ)‐アミノ酸その他EDTA(エチレンジアミン四酢酸)などポリアミノカルボン酸の合成に用いられ、殺虫剤などにも使われる。猛毒なので取扱いには注意を要する。吸入だけでなく皮膚からも吸収される。吸入した場合、270ppmで即死、135ppmでは30分で死亡、110~135ppmで30分~1時間で危険または死亡するという。最大許容濃度は10ppmとされている。空気中に存在するときは試験紙で検出される。ベンジジン‐酢酸銅試験紙を青色にし、メチルオレンジ‐塩化水銀()試験紙をオレンジからピンクに、ピクリン酸‐炭酸ナトリウム試験紙を黄色から紫色に変える。[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシアン化水素の言及

【ガス化学】より

…これらの新たな需要が大きく開かれれば,メタノール工業は面目を一新し,重要なエネルギー・化学産業となろう。 一方,天然ガスの在来型の利用は,シアン化水素はメタンとアンモニアおよび空気を反応させてつくられる。すなわち, 2CH4+2NH3+3O2―→2HCN+6H2Oこの方法はアンドルッソー法と呼ばれる。…

※「シアン化水素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シアン化水素の関連キーワードシアン化水素(データノート)ベンジジン酢酸銅試験シアン化ナトリウムガッターマン合成アクリル系繊維シアンヒドリンソルボリシスアーモンド油アセチレンシアン化銀エムルシンシェーレガス中毒青酸塩分子雲無機酸レッペ杏仁水

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android