コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シメ シメ Coccothraustes coccothraustes; hawfinch

3件 の用語解説(シメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シメ
シメ
Coccothraustes coccothraustes; hawfinch

スズメ目アトリ科。全長 20cm。背面灰赤褐色で,後頸は灰色,眼先と喉は黒く,胸以下の下面は桃色を帯びた淡褐色。翼は青黒色で,基部に顕著な白帯があり,尾端も白い。嘴は短く,分厚い円錐形である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シメ

アトリ科の鳥。スズメに似るが,大きく翼長10cm。くちばしが太い。体の上面は褐色,頸(くび)は灰色,翼は青黒色。ユーラシア大陸中部に分布。日本では北海道で繁殖し,本州以南には冬鳥として渡来,低地の林にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シメ
しめ /
hawfinch
[学]Coccothraustes coccothraustes

鳥綱スズメ目アトリ科の鳥。全長約18センチメートル。頭部が大きく、尾が短いずんぐりとした形をしている。羽色は灰褐色で下面は淡く、翼は黒と白の帯模様がある。嘴(くちばし)は非常に太い。イギリスを含むヨーロッパ全土からアジアの亜寒帯にかけて、またイラン高原にも繁殖分布し、北の地方のものは冬にやや南下する。日本では、各地の落葉樹林に冬渡ってくるものが多いが、少数が北海道と本州北部で繁殖している。森林中の樹上に巣をかけ、5個ぐらいの卵を産む。たくましい嘴で堅果を割って食べることができ、おもに樹上で採食するが、地上にも降りる。冬は、都会の公園などでも見ることができる。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シメの関連キーワードニュウナイスズメ家雀花鳥小葦切猿子入内雀花鶏アトリ(花鶏)イエスズメ(家雀)ヒワ(鶸)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シメの関連情報