コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シメ Coccothraustes coccothraustes; hawfinch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シメ
Coccothraustes coccothraustes; hawfinch

スズメ目アトリ科。全長 16~18cm。暗灰色の円錐形で太い。頭部は大きくずんぐりとし,目先と喉が黒く,ほかは赤褐色。頸の脇から後ろが灰色,肩や背は黒褐色で,腰は淡褐色は基部に目立つ白帯があり,その下側が青く,風切羽は黒い。胸以下の腹面は桃色を帯びた淡褐色。尾羽は黒く先端が白い。繁殖地はヨーロッパから東アジアカムチャツカ半島に及ぶ。ヨーロッパや中央アジアアムール川流域周辺では留鳥だが,ほかの繁殖地では夏鳥(→渡り鳥)で,越冬には地中海地方や東アジア中部,南部へ渡る。繁殖するのは山地の森林だが,冬には公園や人家付近の高木によく飛来し,地上でも採食する。木の実,新芽などを主食とするが,夏季には昆虫類も多く食べる。日本には 10月に冬鳥として渡来するものが多いが,北海道本州北部の一部で繁殖もしている。「ちちっ,ちちっ」と鋭い声で鳴く。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シメ

アトリ科の鳥。スズメに似るが,大きく翼長10cm。くちばしが太い。体の上面は褐色,頸(くび)は灰色,翼は青黒色。ユーラシア大陸中部に分布。日本では北海道で繁殖し,本州以南には冬鳥として渡来,低地の林にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シメ
しめ /
hawfinch
[学]Coccothraustes coccothraustes

鳥綱スズメ目アトリ科の鳥。全長約18センチメートル。頭部が大きく、尾が短いずんぐりとした形をしている。羽色は灰褐色で下面は淡く、翼は黒と白の帯模様がある。嘴(くちばし)は非常に太い。イギリスを含むヨーロッパ全土からアジアの亜寒帯にかけて、またイラン高原にも繁殖分布し、北の地方のものは冬にやや南下する。日本では、各地の落葉樹林に冬渡ってくるものが多いが、少数が北海道と本州北部で繁殖している。森林中の樹上に巣をかけ、5個ぐらいの卵を産む。たくましい嘴で堅果を割って食べることができ、おもに樹上で採食するが、地上にも降りる。冬は、都会の公園などでも見ることができる。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

〓 (シメ)
※〓は「鳥」の左に上から「人」+「干」。

学名:Coccothraustes coccothraustes
動物。アトリ科の鳥

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

シメの関連キーワード対華二十一か条要求/対華要求に関する加藤外相訓令(抄文)ヒョウタンゴケ(瓢箪苔)ミルトン・ナシメント多度津鍋ホルうどんノシメマダラメイガバレ山地国立公園しめ縄(注連縄)シミエン国立公園カラートサマーン治安警察法(抄)ラモス=ホルタ〆さば ヒカル南方特別留学生センボンシメジスロバキア文学シンメトリック基性最終充填物イッポンシメジノシメコクガマダラメイガ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シメの関連情報