シャンパーニュ(英語表記)Champagne

翻訳|champagne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「シャンパーニュ」の解説

シャンパーニュ
Champagne

フランス東部パリ盆地の東部を占める地方。旧州。マルヌ県全体と,アルデンヌ県オーブ県オートマルヌ県の大部分,およびエーヌ県セーヌエマルヌ県ヨンヌ県ムーズ県の一部からなる。今日のシャンパーニュアルデンヌ地域(レジオン)とほぼ同一。全体として平野とゆるやかな丘陵地。中央部は乾燥した石灰岩土壌で,乾燥シャンパーニュと呼ばれ,牧羊が行なわれる。東部には帯状に湿潤な穀倉地帯があり,湿潤シャンパーニュと呼ばれる。北西部のランスエペルネを中心とした,イルドフランス地方との境界にはぶどう畑が広がり,地方名を語源とするシャンパンとして知られる良質のワインを特産する。1314年までシャンパーニュ伯領。以後フランス王領。セーヌ川ロアール川などの水路が張りめぐらされ,12~14世紀にはヨーロッパ大陸の一大交易地として栄えた。大市が年 6回開かれ,フランドルの毛織物,イタリア商人の運んでくる東方の香辛料,北イタリアの絹織物,ドイツの麻織物,北ヨーロッパの毛皮,スペインのなめし革,フランスのワインなどが取り引きされた。その後,百年戦争などにより取り引きは衰退。近世にはしばしば対ドイツ戦の戦場となった。特に第1次世界大戦時のシャンパーニュの戦いは有名。2015年,ランスとエペルネにあるぶどう畑やシャンパン貯蔵庫群などが世界遺産の文化遺産に登録された。

シャンパーニュ
Champaigne, Phillippe de

[生]1602.5.26. ベルギーブリュッセル
[没]1674.8.12. フランス,パリ
フランスの画家。風景画家 J.フキエールの弟子,ニコラ・プーサンの友人。ルイ13世の宮廷画家となり,宰相リシュリューに好まれ,最初の絵画アカデミー会員の一人となった。バロック様式肖像画,歴史画,宗教画装飾画にすぐれた。主要作品『リシュリュー像』 (1635頃,ルーブル美術館) ,『ルイ13世の誓い』 (1638頃,カン美術館) ,『パリ市政府首席と市参事会員たち』 (1648,ルーブル美術館) ,『1662年の奉納画』 (1662,同) ,『死せるキリスト』 (ルーブル美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「シャンパーニュ」の解説

シャンパーニュ

フランス北東部の地方。旧州名。現在のオーブ,オート・マルヌ,マルヌ,アルデンヌの各県に相当。パリ盆地の東方に位置。東部のアルゴンヌの森に近接する地域で牧牛,小麦・テンサイ栽培,中部の白亜質の平原で牧羊が行われ,西部はブドウ栽培が盛んでシャンパンの産地。伝統的に金属・繊維工業が発達。6世紀にシャンパーニュ伯領となり,1285年フランス王国に併合。12―13世紀には定期市の開催などで繁栄。第1次大戦の激戦地。主要都市ランストロア
→関連項目フランス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社世界史事典 三訂版「シャンパーニュ」の解説

シャンパーニュ
Champagne

フランス北東部,パリ盆地の東部を占める地域
1286年フランス王領に合併されるまでは,トロワを主都とするシャンパーニュ伯領。12〜13世紀には各都市が交替で年6回の大市を開き,イタリアとフランドルを結ぶ内陸交通の要地遠隔地商業の中心地として繁栄。14世紀以降,あいつぐ戦乱や他地域の都市の発達などにより衰退した。農牧生産,特にシャンパン酒の製造で有名。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「シャンパーニュ」の解説

シャンパーニュ

(Philippe de Champaigne (Champagne)フィリップ=ド━)⸨シャンペーニュ⸩ フランスの画家。フランドル出身。パリに出てルイ一三世の宮廷画家となり、マリー=ド=メディシス、宰相リシュリューらの肖像画を描く。歴史画、宗教画、装飾画の画家としても知られる。代表作「一六六二年の奉納画」。(一六〇二‐七四

シャンパーニュ

(Champagne)
[1] フランス北東部の旧州名または地方名。パリ盆地の東部およびムーズ川の流域の一部にあたり、古くからブドウ酒(シャンペン)の大産地として知られる。中心都市は旧州時代はトロアだったが、現在はシャロン‐シュル‐マルヌ。
[2] 〘名〙 ⇒シャンペン

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「シャンパーニュ」の解説

シャンパーニュ【Champagne】

フランス北東部,パリ盆地東部を占める旧州または地方名。マルヌ,オート・マルヌ,オーブ,アルデンヌの4県からなる現在の行政地域(レジヨンrégion)の名と同じであるが,旧シャンパーニュ伯領はその周辺をも広く含んでいる。1285年フランス王領へ併合された。主都はトロアTroyes。パリをかなめとするのような,同心円状の三つの地帯からなり,内側は〈イル・ド・フランスの急崖〉の丘陵地帯,中央部は〈乾燥(不毛な)シャンパーニュChampagne sèche(pouilleuse)〉の台地外側は〈湿潤シャンパーニュChampagne humide〉の低地である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシャンパーニュの言及

【市】より

…また第2の鐘が鳴り終わるとすぐ灯火を消し,居酒屋も閉じられた。 中世における市の機能は,シャンパーニュの市に代表されるような遠隔地商人のための仲立市場と,市民自身の商業取引の場とに分けることができる。前者はイタリア,プロバンスからフランドルにいたる大商業路にそって成立しており,シャンパーニュとブリーの歳市がその代表的なものであった。…

【商業】より

…高価な奢侈品交易の背後には,日常生活に必要な商品の交易網がひろがっていた。やがて12世紀にはシャンパーニュの市によって北と南の両商業地帯が結びつくようになる。各地の商人はキャラバンを組んでシャンパーニュを訪れ,香料,毛織物,皮革などを取引した。…

※「シャンパーニュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android