スカーレット(英語表記)scarlet

翻訳|scarlet

色名がわかる辞典の解説

スカーレット【scarlet】

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかなみの」としている。一般に、カイガラムシを使ったコチニールという色素による黄色みを帯びた赤のこと。中世からある古い色名で詳細は明確でないが、高官が用いた位の高い色と伝えられる。カイガラムシを用いた赤はほかにもあり、カーマインクリムソンコチニールレッドなどが知られる。和名では緋色ひいろに相当するとされるが、こちらはあかねで染めた植物由来の色。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

スカーレット

ペットライン株式会社が販売する魚用フードの商品名。錦鯉に適している。浮上性。

スカーレット

四国特紙が販売する家庭用紙製品のブランド。また、その商品名。色、香りつきのトイレットペーパー4ロール入りと、ティッシュペーパーがある。

スカーレット

日本のポピュラー音楽。歌は日本のバンドスピッツ。1997年発売。作詞作曲:草野正宗。TBS系で放送のドラマ「メロディ」の主題歌

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

スカーレット【scarlet】

鮮やかな赤色。深紅色。緋色ひいろ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

スカーレット

〘名〙 (scarlet) 緋(ひ)色。真紅(しんく)。深紅色。猩猩緋(しょうじょうひ)
※小学生徒改良衣服裁縫伝授(1886)〈松平幾子・久永廉蔵〉「緋の色の染料はポンソーなり、赤いスカーレットか又はルービンを用ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スカーレットの関連情報