スタンリー(読み)すたんりー(英語表記)Sir Henry Morton Stanley

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタンリー(Sir Henry Morton Stanley)
すたんりー
Sir Henry Morton Stanley
(1841―1904)

アメリカのアフリカ探検家、ジャーナリスト。イギリスの北ウェールズの田舎(いなか)町デンビーで私生児として生まれ、ジョン・ローランズと名づけられた。家庭的に恵まれず、6歳のとき救貧院に預けられた。17歳のときアメリカに渡り、イギリス生まれのヘンリー・スタンリーという商人の養子となり市民権も得た。南北戦争で両軍にそれぞれ加わって戦ったのち、ニューヨーク・ヘラルド社の臨時通信員となった。エチオピアにおけるイギリス軍のテオドロス2世攻略(マグダラの戦い)の大スクープでヘラルド社の正式社員となり、1869年、アフリカで消息を絶ったリビングストンを発見せよとの特命を受けた。
 1871年、タンガニーカ湖畔の一漁村ウジジでリビングストンとの劇的な邂逅(かいこう)を果たし、全世界に興奮を巻き起こした。74年ビクトリア湖に達し、ナイル川の源流を確認した。さらに再度タンガニーカ湖に赴き、アラブ商人ティップ・ティプの手助けでコンゴ川を下り、大西洋へ達した。また、マフディー軍によって連絡を絶たれたドイツの探検家エミン・パシャをスーダン南部で発見した。のちにベルギー国王のコンゴ自由国の行政官を務め、1895年イギリス国会議員となった。不屈の精神と、敵対する人間への容赦ない態度から「岩を砕く人」とよばれた。[青木澄夫]
『スタンリー著、宮西豊逸訳『世界教養全集23 暗黒大陸』(1974・平凡社) ▽スタンリー著、村上光彦他訳『世界ノンフィクション全集3 リヴィングストン発見記』(1973・筑摩書房) ▽リチャード・ホール著、米田清貴訳『探検家スタンリー伝 栄光と幻想』(1977・徳間書店) ▽バイロン・ファーウェル著、川口正吉訳『ブーラ・マタリ 探検家スタンリーの生涯』(1959・刀江書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スタンリーの関連情報