コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セタン cetane

翻訳|cetane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セタン
cetane

化学式 CH3(CH2)14CH3メタン系炭化水素の一種で,ヘキサデカンともいう。融点 18.1℃,沸点 278℃。パルミチン酸をヨウ化水素赤リンで還元して得られる。ディーゼルエンジンに対してアンチノック性が大きいので,標準物質として用いられる。セタンのセタン価を 100,α- メチルナフタリンのセタン価を0としてセタン価を表わす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セタン【cetane】

炭素数16個のアルカン(脂肪族鎖式飽和炭化水素)。IUPAC名はヘキサデカンhexadecane。化学式C16H34。無色の結晶で,融点18.165℃,沸点286.793℃。水に不溶,エーテル,エチルアルコールにはよく溶ける。ヨウ化セチルCH3(CH2)14CH2Iまたはパルミチン酸CH3(CH2)14COOHの還元で得られる。ディーゼル燃料のセタン価を求める際の標準燃料。【中井 武】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セタン
せたん
cetane

炭素数16個のアルカンのうち直鎖状のものをいい、命名法ではヘキサデカンという。セテンの水素添加、あるいはパルミチン酸をヨウ化水素と赤リンで加熱、還元して合成する。温アルコール、エーテルに可溶。水に不溶。ディーゼル燃料発火性の良否を示す指数であるセタン価を測る標準物質である。ほかに溶剤としても用いられる。[佐藤武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

セタンの関連キーワードセタン(データノート)ディーゼルノックジェットエンジンディーゼル指数化学発光用色素のこいのこノッキング環状付加開環重合軽油機関制癌剤添加剤軽油景都

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android