コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テトロドトキシン テトロドトキシンtetrodotoxin

翻訳|tetrodotoxin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テトロドトキシン
tetrodotoxin

C12H19N3O9フグに含まれる猛毒。一般に産卵期 (冬~春) の卵巣に多く含まれている。白色柱状晶。分解点 249℃。水に溶ける。ナトリウム能動輸送抑制による膜安定化作用があり,アセチルコリン遊離も阻害される。鎮痛,運動麻痺,鎮痙作用がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

テトロドトキシン(tetrodotoxin)

フグ(学名テトロドン)の毒(トキシン)成分。猛毒。トラフグマフグの卵巣や肝臓に多い。神経・筋に作用し、呼吸筋の麻痺により死に至る。分子式C11H17O8N3

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

テトロドトキシン

フグ毒とも。フグ科の魚の主として肝臓と卵巣に含まれる猛毒。中毒すると不快感,随意筋の麻痺(まひ),延髄諸中枢神経系の麻痺などが起こり,呼吸困難に陥って死に至ることもある。
→関連項目食中毒フグ(河豚)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

テトロドトキシン

 C11H17N3O8 (mw319.27).

 フグの毒素の本体.強い毒性をもち有機溶媒に溶けず薄い酸に可溶(構造式は次ページ)

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テトロドトキシン【tetrodotoxin】

フグ毒fugu poisonのこと。フグを食用に供する日本ではフグ毒による中毒死も多く,フグの美味とともにその恐ろしさが〈フグは食いたし命は惜しし〉ということわざにまでなっている。フグ毒の化学的な研究は1909年田原良純によって始められ,毒素にテトロドトキシンと命名された。50年,横尾晃により結晶として単離され,64年,津田恭介ウッドワードR.B.Woodward,平田義正らの各研究グループによって独立に化学構造が明らかにされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

テトロドトキシン【tetrodotoxin】

フグ毒の成分。有毒細菌によって生産され、プランクトンなどの食物連鎖により、特にフグの卵巣や肝臓に蓄積される。フグ以外の水生動物の数種からも見つかっている。微量でも呼吸筋や感覚の麻痺まひを引き起こす。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テトロドトキシン
てとろどときしん
tetrodotoxin

アルカロイド系の毒素。化学式C11H17N3O8で表される。フグ毒としてもっとも有名な毒素で、フグの卵巣および一部肝臓にも含まれる毒の主要成分。フグの種によっては皮に強い毒力をもつものもある。
 フグの学名はテトロドンであり、その毒成分(トキシン)の意味から、日本の薬学者田原良純(たわらよしずみ)によって1912年(大正1)にテトロドトキシンと命名された。神経毒の一つで筋や神経に作用する。中毒症状は、食後20分から2~3時間ほどの潜伏期間を経て比較的短時間で現れ、口唇や舌および四肢末端のしびれという麻痺(まひ)症状に始まり、これが全身に広がる。重症になれば運動麻痺、さらには呼吸筋の麻痺を引き起こし、呼吸困難に陥って死に至る。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のテトロドトキシンの言及

【フグ(河豚)】より


[フグ毒]
 フグは数多い魚の中でも特別の珍味とされているが,ときにはこれを食べて中毒を起こし,死に至ることがある。この毒は田原良純により初めて卵巣から抽出され(1912),テトラドトキシン(現在はテトロドトキシンtetrodotoxin)と命名されたが,その後津田恭介によりC12H19O9N3なる分子式ときわめて特異な構造式が明らかにされた(1962)。これは一種の神経毒で,知覚および運動の麻痺を起こし,重症の場合は呼吸麻痺により死に至る。…

【魚貝毒】より


[フグ]
 日本の動物性自然毒中毒の大半を占め,死亡率も約50%と高い。毒の本体はテトロドトキシンで,15μg/kgの皮下注射でマウスを殺す猛毒である。アルカリ性では不安定であるが,中性ないし弱酸性では加熱してもかなり安定である。…

【フグ(河豚)】より


[フグ毒]
 フグは数多い魚の中でも特別の珍味とされているが,ときにはこれを食べて中毒を起こし,死に至ることがある。この毒は田原良純により初めて卵巣から抽出され(1912),テトラドトキシン(現在はテトロドトキシンtetrodotoxin)と命名されたが,その後津田恭介によりC12H19O9N3なる分子式ときわめて特異な構造式が明らかにされた(1962)。これは一種の神経毒で,知覚および運動の麻痺を起こし,重症の場合は呼吸麻痺により死に至る。…

※「テトロドトキシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テトロドトキシンの関連キーワードウッドワード(Robert Burns Woodward)スベスベマンジュウガニ日本科学史(年表)フグの毒と処理ヒョウモンダコパリトキシンプランクトン河豚の糠漬け平田 義正塩原 又策田原 良純津田 恭介食物連鎖水生動物魚類中毒ふぐ中毒仁田 勇河豚・鰒仁田勇豹紋蛸

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テトロドトキシンの関連情報