コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリトン(天文) トリトン

1件 の用語解説(トリトン(天文)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

トリトン(天文)【トリトン】

海王星の第1衛星。1846年,イギリス天文学者W.ラッセルにより発見された。軌道半径35万3580km(海王星半径の14.55倍),公転周期5.87683日。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

トリトン(天文)の関連キーワードヘンリークルーゼンシュテルン鈴木春山ガレ仁孝天皇海王星浦上春琴オイケン海王星和宮

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone