コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルトン John Dalton

百科事典マイペディアの解説

ドルトン

英国の化学者。織物工の子として生れ,小学校卒業後は独学。初め気象観測に興味をもち(観測は終生行った),のち気体の物理的性質の研究,1796年以降化学の研究を行う。
→関連項目アボガドロ原子論ジュール

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドルトン【John Dalton】

1766‐1844
イギリスの化学者,物理学者。化学的原子論を唱え,哲学的傾向の強かった原子論を科学に高める。カンバーランド州イーグルスフィールドの半農半工の家の出。同村の学校教師(12歳),ケンダルの寄宿学校助教師(15歳),兄とともに同学校の経営者兼教師(19歳)を経て1792年マンチェスターのニュー・カレッジの数学・哲学教授。1800年からは私塾を開き,クエーカー教徒としてつましい生活を送るかたわら,マンチェスター文芸哲学協会(1800年書記,08年副会長,17年会長)に拠って研究に専念する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ドルトン【John Dalton】

1766~1844) イギリスの化学者・物理学者。気体の性質を研究し、混合気体の分圧の法則を発見。のち原子の考えを化学に導入し、原子説を提唱、倍数比例の法則を示した。色覚異常の研究でも知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のドルトンの言及

【化学】より

…J.L.プルーストは,どのような条件でつくられようとも一つの化合物の元素組成は一定であるという〈定比例の法則〉を発見した(1799)。J.ドルトンは,2種の元素AとBが化合して2種以上の化合物をつくるとき,各化合物で一定量のAと化合するBの重量は簡単な整数比をなすという〈倍数比例の法則〉を発見した(1802)。この二つの経験則は物質がこれ以上分割できない原子からなると考えれば説明できると考えたドルトンは,《化学哲学の新体系》3巻(1808‐27)において彼の原子論を展開した。…

【原子論】より

…18世紀末,いわゆる化学革命を実行して,近代的化学の成立に貢献したラボアジエでさえ,原子の概念をまじめに取り扱ったとはいえない。しかしラボアジエの定立した元素の背後に具体的に原子を当てはめ,それらの相対的な重量比を導入し,原子どうしの結合や分離によって,化学反応をとらえるという,ドルトンの新体系(《化学哲学の新体系》)こそ,今日の原子論を基盤にした化学の出発点だったといえる。その後19世紀末に,いわゆる原子がそれ以上分割し得ない究極粒子ではなく,その内部構造を問題にしなければならないことを示す証拠が数多く現れた。…

※「ドルトン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドルトンの関連キーワードプルースト(Joseph Louis Proust)ヘンリー(William Henry)アマガー‐ルデュック則ドルトンの分圧の法則ヘレン パーカストロイヤルドルトンアボガドロの法則ドルトン・プランドルトンの原子説ダルトンの法則ドルトンプラン混合気体の法則ドルトンの法則ウォラストン定比例の法則赤緑色覚異常ドルトニズムギブスの規則パーカースト分圧の法則

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android