コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌルハチ(奴児哈赤) ヌルハチNurhaci

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌルハチ(奴児哈赤)
ヌルハチ
Nurhaci

[生]嘉靖38(1559).ヘト・アラ
[没]天命11(1626,明の天啓6).8.11. 靉堡(瀋陽)
中国,清朝の建国者で第1代皇帝 (在位 1616~26) 。姓はアイシンギョロ (愛新覚羅) 。諡は武皇帝,高皇帝。廟号は太祖。建州女直の部将タクシの子。明の万暦 11 (1583) 年に独立の兵を起し,やがて分裂していた建州五部を統一し,ヘト・アラ (赫図阿拉) を都とした。次いで海西女直の諸国を次々に滅ぼして女直を統一し,天命1 (1616) 年に汗位につき,国号を後金,年号を天命と定め,清朝を建国した。ヌルハチは当初は明朝に恭順であったが,このような女直族の統一は明朝に脅威となり,対立は避けられなくなった。同4年サルフの戦いで明に大勝し,以後ヌルハチは遼東半島に進出して都を遼陽,瀋陽に遷した。同 11年に寧遠城を攻撃したが失敗し,そのときの傷がもとでやがて病没し,ヌルハチの子ホンタイジ (皇太極) がその跡を継いだ。在世中に清朝発展の基礎となった八旗制を創設し,モンゴル文字をもとに満州文字を制定した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヌルハチ(奴児哈赤)【ヌルハチ】

中国,朝初代の皇帝。廟号は太祖。姓は愛新覚羅(あいしんかくら)/(アイシンギョロ)。明代の建州女直(女直は明における女真の呼称)の一首長の出身。16世紀末に挙兵し,女直諸部を平定。
→関連項目旗地太祖ドルゴン(多爾袞)北京と瀋陽の明・清王朝の皇宮群満州

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ヌルハチ(奴児哈赤)の関連キーワードアイシンギョロ(愛新覚羅)ヘト・アラ(赫図阿拉)シュルガチ(速児哈赤)ホンタイジ(皇太極)フィヤング(費揚古)エビルン(遏必隆)ドルゴン(多爾袞)フルン(扈倫)四部ダハイ(達海)タンヅ(堂子)エホ(葉赫)ハダ(哈達)議政王大臣ドルゴン満文老檔満州実録袁崇煥范文程毛文龍建州衛

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android