コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノート ノート Noot, Henri van der

8件 の用語解説(ノートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノート
ノート
Noot, Henri van der

[生]1731.1.7. ブリュッセル
[没]1827.1.12. ストロンベーク
ベルギーの法律家,政治家。 1787年支配者であるオーストリアヨーゼフ2世の宗教・政治改革に反対して旧来の特権を守る運動を起し,民兵を結成したが,弾圧にあってオランダへ亡命。ブラバント革命が成功すると,87年ブリュッセルへ凱旋,国内で戦った民主派を排除した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ノート
ノート
Noth, Martin

[生]1902.8.3. ドレスデン
[没]1968.5.30. スベイタ
ドイツ旧約聖書学者。グライフスワルト (1927~28) ,ライプチヒ (28~30) ,ケーニヒスベルク (30~45) ,ボン (45) の各大学旧約聖書学教授を歴任。 A.G.アルトの弟子。主著『イスラエル史Geschichte Israels (50) は,周囲の世界との関連で,言語学的,歴史的,地誌的研究を集大成した力作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ノート
ノート
Nott

北欧神話の女神。その名は夜を意味する。初めてヨツンヘイムに生れた巨人ネルビの娘で,色黒で黒い髪をしていた。ナグルファリと結婚し,息子アウズ (宇宙) を得た。次にはアンナルと結婚しヨルズ (大地) という娘が生れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ノート(note)

[名](スル)
書き留めること。また、書き留めたもの。記録。手記。覚え書き。「ノートをとる」
注解。注釈。「フットノート
ノートブック」の略。
音楽で、音。楽音。音調。「ブルーノート

ノート(Noto)

イタリア南部、シチリア島シチリア自治州の町。同島南部、イブレイ山地の麓に位置する。17世紀の大地震により大きな被害を受けたが、サンニコロ大聖堂、サンドメニコ聖堂、モンテベルジネ聖堂をはじめ、その後の復興により再建されたシチリア‐バロック様式の建物が多く、同島南東部の八つの町が2002年に「バル‐ディ‐ノートの後期バロック様式の町々」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ノート

日産自動車が2005年から製造、販売している乗用車。5ドアの小型ハッチバック。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ノート【notebook】

筆記帳の総称。一般には学習用のものを指す。江戸時代寺子屋では手習草紙と称して,半紙を綴じたものに手習いの練習をしていた。1887年(明治20)ころには,鉛筆で記入する雑記帳または帳面と呼ばれた和紙(更紙)製のものが小学生の学習用に用いられた。大学ノートは,1884年に東京大学前の松屋が販売したものが最初といわれる。しかし当時はまだ洋紙が輸入されておらず,更紙製だった。97年ころになってドイツやイギリスから洋罫紙(フールスキャップ)が輸入され,これを国内で仮綴じしたものが売られるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ノート【note】

( 名 ) スル
書き留めること。また、書き留めたもの。 「講義の内容を-する」
〔ノートブックの略〕 帳面。
注釈。注。
音符。譜。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のノートの言及

【鉛筆】より

…おりしも日本の洋紙工業は,鉛筆とまったく軌を一つにして,1900年代から本格的量産体制に入り,10年代には和紙生産量を追い抜いて海外へ輸出するようになり,国内でも輸入洋紙に代わる安価な国産洋紙が豊富に用いられるようになった。学校でも,高価な手すき和紙に代わって安価な洋紙(ザラ紙)とその洋紙をとじ合わせた雑記帳(子ども用ノートブック)が使用されはじめており,この洋紙と筆記具としての鉛筆とが結びつくことにより,子どもの学習はきわめて大きな変貌をとげることになった。低品質の鉛筆は学童用の〈五厘鉛筆〉〈一銭鉛筆〉として,小学校を通じての一本売りにより急速に普及した。…

※「ノート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノートの関連キーワードベータバージョンシャリ・ジンアセタールラーニング・ゴール大学ノート筆記帳無色鉱物ヒエログリフス運搬・諸経費諸経費

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノートの関連情報