ハープシコード(英語表記)harpsichord

翻訳|harpsichord

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハープシコード
harpsichord

チェンバロ」「クラビチェンバロ」「クラビア」「クラブサン」ともいう。鍵盤付きの弦楽器の一種。 16~18世紀にいろいろの形や構造をもったものが作られたが,現在のグランド・ピアノに似た形が一般的。キーを押すとその先端に載っているジャックという装置が飛上がり,羽毛の芯や皮革製の爪で弦をかき鳴らす。音域は一定しないが,鍵盤上では5オクターブぐらいが普通である。しかし,性質の異なる数セットの弦を使い分けるため実際の音域はもっと広くなる。鍵盤は1段ないし2段。バロック時代には独奏用,通奏低音用に重用されたが,18世紀末からピアノの興隆につれてすたれ,現在ではバロック音楽の復興の波にのって再び多用されるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハープシコード

鍵盤(けんばん)をもつ撥弦(はつげん)楽器(弦楽器参照)。クラブサンclavecin(フランス語),クラビチェンバロ,チェンバロcembalo(イタリア語)ともいい,時代や地域により楽器としての特徴はかなり異なる。クラビーア鍵盤楽器)としては,18世紀末にピアノに移行するまで,オルガンとともに最も重要な地位を占めたが,構造的にはプサルテリウムから発達した撥弦楽器で,打弦するピアノとは異なる。鍵を押すと,その先に垂直に立つジャック(木製の打弦槌(つい))の先端の爪(つめ)(鳥の羽軸または革製で,プレクトラムと呼ばれる)が下から弦を引っかく。1つの鍵について数種の音質の異なる弦があり,ペダルまたはストップ(音栓)キーでこれを選択するものが多く,鍵盤も2段が一般的。音域は5オクターブ,音色は繊細で華麗だが,タッチの差による音の強弱がほとんど得られず,音の持続もピアノに比べると短い。ピアノの発展と普及に押されてほぼ1世紀の間忘れられた楽器となっていたが,19世紀末から復興の試みが始まり,ランドフスカらの尽力で現代によみがえった。ファリャマルタンプーランクグレツキら20世紀の作曲家によるハープシコード作品も少なくない。→スピネットバージナルリコーダー
→関連項目カーヌーンクープランクラビコード鍵盤楽器古楽スカルラッティベイロン・ラクロアラモー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハープシコード【harpsichord】

16世紀から18世紀にかけてヨーロッパで重用された鍵盤付撥弦楽器の一種。チェンバロcembalo,クラビチェンバロclavicembalo(ともにイタリア語),クラブサンclavecin(フランス語)とも呼ばれる。一定の音高に調律された弦を,鍵に連動するプレクトラムで弾いて音を出す。この点が,ハンマーで弦を打って音を出すピアノとは大きく異なり,まったく別種のタッチを必要とする。弦を鍵盤と直角に張った現代のグランド・ピアノに似た形であるが,広義には弦の張り方が異なるスピネットバージナルをも含めてハープシコード族と呼ばれることもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ハープシコード【harpsichord】

鍵盤楽器の一。グランドピアノを小さくしたような型の撥弦楽器で、鍵に連動する爪が弦を弾はじいて音を出す。一六~一八世紀に、ヨーロッパ音楽で広く用いられた。クラブサン。チェンバロ。クラビチェンバロ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ハープシコード

〘名〙 (harpsichord) 鍵盤楽器の一つ。ピアノの前身で、一六~一八世紀にバロック音楽の主要な独奏・合奏楽器として盛行。鍵盤をたたくと爪が鋼鉄の弦をはじいて発音する。チェンバロ。クラブサン。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のハープシコードの言及

【鍵盤楽器】より

…鍵盤はこのオクターブを順次重ねたものだが,全体の幅,つまり鍵の数は楽器の種類や時代によって異なる。また鍵盤は一般に手の指で操作されるが(手鍵盤),オルガンや一部のハープシコードのように,足で奏される足(ペダル)鍵盤を備えた楽器もある。いずれにせよ,1個の鍵は一つの音高に対応し,ストップ(レジスター)装置によらない限り,演奏中にこの対応関係を変化させることはできない。…

【ストップ】より

…パイプ・オルガンやハープシコードなどにおいては,特定の音色や音高の音列をいくつか用意しておき,スイッチの操作で鍵盤とそれらの音列とを任意に結合させ,種々の音効果を得ている。このスイッチのことをストップ(音栓)と称している。…

【バッハ】より

…邦訳《正しいピアノ奏法》1963)も,当時の演奏法を知るうえで重要な文献となっている。彼の時代はハープシコードやクラビコードから初期のピアノへの過渡期にあたり,ハープシコードとピアノの対照をねらった二重協奏曲も書いた。【角倉 一朗】。…

【ピアノ】より

…18世紀末から現代に至るまで最もポピュラーな鍵盤楽器。鍵盤で弾く点ではオルガンやハープシコードなどと同じだが,オルガンがパイプに空気を送って発音する気鳴楽器であるのに対して,ピアノは弦の振動で発音する弦鳴楽器である。またハープシコードが爪状のプレクトラムで弦をかき鳴らす撥弦楽器であるのに対して,ピアノはハンマーで弦を打つ打弦楽器である。…

【ランドフスカ】より

…ポーランド出身の女流ハープシコード奏者。ハープシコードの復興に決定的な役割を演じた先覚者。…

※「ハープシコード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android