コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バシコルトスタン[共和国] Bashkortostan

世界大百科事典 第2版の解説

バシコルトスタン[共和国]【Bashkortostan】

旧ソ連邦ロシア共和国内においてバシキール自治ソビエト社会主義共和国として存続してきたが,1992年2月にバシコルトスタン共和国に改称し,ロシア連邦に加わっている。1919年に自治共和国として成立。面積14万3600km2,人口400万8000(1992)。首都ウファボルガ川ウラル山脈の間に位置し,西部でタタールスタン共和国,ウドムルト共和国に,東はチェリャビンスク州,南はオレンブルグ州に接している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

バシコルトスタン[共和国]の関連キーワードウドムルト共和国

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android