バッキンガム(伯・侯・公家)(読み)バッキンガム[はく・こう・こうけ](英語表記)Buckingham, Earls, Marquesses and Dukes of

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バッキンガム(伯・侯・公家)
バッキンガム[はく・こう・こうけ]
Buckingham, Earls, Marquesses and Dukes of

イギリスの貴族の家柄。ウィリアム1世の臣下ウィリアム・ジファード (?~1102) が伯爵位を授けられたのが最初であるが,その子に後嗣なく,1164年彼の死をもって絶えた。次いで,1377年グロスター (公) が伯爵位を受け,97年彼の死後は子のハンフリーが継承したが,2年後彼は後嗣なく没し,妹アンの子ハンフリー・スタッフォード (1402~60) が 1444年公爵になった。彼はヘンリー6世の王妃マーガレットとヨーク派貴族の仲を調停しようとして争いに巻込まれ,死亡した。その孫の2代公ヘンリー (54頃~83) はリチャード3世に仕えたが,のち彼に反逆し,斬首された。その子の3代公エドワード (78~1521) も,王位簒奪をはかったという無実の罪によって処刑され,爵位も断絶した。 17世紀にいたり,ジェームズ1世の寵臣ジョージ・ビリアーズが,伯,侯を経て,1623年初代バッキンガム (公) になったが,その子の2代バッキンガム公の死とともにとだえた (1687) 。 1703年ジョン・シェフィールド (48~1721) が公爵に叙せられた。彼はジェームズ2世時代に枢密顧問官,宮内卿,統監になり,18世紀初頭スコットランドとの合同委員や枢密院議長をつとめた人物であるとともに,J.ドライデンや A.ポープの友人で,みずからも『詩論』 Essay on Poetry,『風刺論』 Essay on Satire,『名誉革命論』 Account on the Revolutionなどを著わした。しかし,この公家もその子エドマンドが 35年没するとともに絶えた。最後に,84年 G.グレンビルの子ジョージ (53~1813) が侯爵に叙せられ,その子リチャード (1776~1839) は,1822年バッキンガム=チャンドス公爵になり,2代公リチャード (1797~1861) ,3代公リチャード (23~89) と継承されたが,3代公の死をもって終った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android