コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッキンガム(公) バッキンガム[こう]Buckingham, George Villiers, 1st Duke of

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バッキンガム(公)
バッキンガム[こう]
Buckingham, George Villiers, 1st Duke of

[生]1592.8.28. ブルークズビー
[没]1628.8.23. ポーツマス
イギリスの貴族,政治家。1614年宮廷に入り,美貌と機知で国王ジェームズ1世の寵臣となった。急速に昇進し,1617年バッキンガム伯,1618年同侯,1623年公爵に叙せられた。同年新教と旧教の調和をはかるため,スペイン王女とチャールズ王子(のちのチャールズ1世)との結婚を策し,王子を伴いマドリードを訪れたが失敗。以後対スペイン強硬論に転じ,1625年新王チャールズ1世にカディス攻撃を強行させ失敗,翌 1626年議会の弾劾を受けた。次いで 1627年フランスの新教徒援助のためラロシェル遠征を企てて失敗し(→ラロシェル攻囲戦),遠征用の課税強化に憤慨した議会の反撃を受け,1628年「権利請願」を突きつけられた。同年再度ラロシェル遠征を準備中,ジョン・フェルトンによって暗殺された。

バッキンガム(公)
バッキンガム[こう]
Buckingham, George Villiers, 2nd Duke of

[生]1628.1.30. ロンドン
[没]1687.4.16. ヨークシャー,カービームーアサイド
イギリスの貴族,政治家。初代バッキンガム公の子として国王チャールズ1世の子供たちとともに育てられた。清教徒革命の勃発とともに大陸に亡命,1647年帰国したが戦いに敗れて再度亡命。 50年皇太子チャールズ (のちのチャールズ2世) の側近としてスコットランド遠征を進言し実行したが失敗した。 57年投獄されたが 59年釈放され,以後王政復古に尽力。チャールズ2世の治世になると,62年枢密院に入り,クラレンドン (伯) と対立,その失脚後政界の中心となりカバルの一員となったが,74年罷免された。生来陰謀,策略を好んだが,一方詩作にもふけり,特に J.ドライデンへの風刺詩は有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バッキンガム(公)の関連キーワードモンク(George Monck 1st Duke of Albemarle)バッキンガム(伯・侯・公家)アンヌ・ドートリッシュハミルトン(侯・公家)ポーツマス(イギリス)チャールズ(1世)ジェームズ[1世]チャールズ[1世]サマセット(伯)バッキンガム宮殿ブリストル(伯)ピューリタン革命スタッフォード家クリスティーズダンビー(伯)リチャード3世ヨークシャーサックビルディグズハイド家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バッキンガム(公)の関連情報