ピサロ(読み)ぴさろ(英語表記)Francisco Pizarro

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピサロ(Francisco Pizarro)
ぴさろ
Francisco Pizarro
(1476―1541)

インカ帝国の征服者。スペインのエストレマドゥーラ地方トルヒーヨの生まれ。父ゴンサロ・ピサロ、母フランシスカ・モラレスで、彼は庶子。1498~1502年にかけて対仏イタリア戦役に出たのち、1502年ニコラス・デ・オバンド総督の赴任航海で新大陸へ渡り、パナマの大西洋岸地方(ティエラ・フィルメ)に移る。ここでバルボアと出会い、太平洋の「発見」をともにしたのち、パナマを拠点にして南の陸地を探検し、黄金に富むというペルーの存在を確認した。そこで司祭エルナンド・ルーケと、ディエゴ・デ・アルマグロを共同事業者に誘い、ペルー征服を企てた。
 1529年本国でカルロス5世から征服の権利と褒賞の約束を取り付けたのち、1531年初め、故郷から連れ帰った異母兄弟エルナンドHernando Pizarro(1475?―1578)、フアンJuan Pizarro(1500?―36)、ゴンサロGonzalo Pizarro(1506?―48)の3人ら185人の仲間と、馬37頭を率いて、パナマを出港した。サン・マテオ島で騎馬隊を下船させて陸路をとらせたあと、トゥンベスまで南下し、サン・ミゲル・デ・ビウラを建設した。その後インカ皇帝アタワルパを追って南進し、1532年11月15日カハマルカの地でアタワルパと会見した。この場で従軍司祭バルベルデが差し出した聖書を皇帝が地面に投げ捨てたのを機に、騎馬隊を先頭にしてインカ軍に攻撃をしかけ、アタワルパを生け捕りにした。身代金として莫大(ばくだい)な量の金銀を受け取ったにもかかわらず皇帝を解放せず、逆にアタワルパが嫡子である兄ワスカルを殺害したという罪で処刑し(1533.7.26)、1533年11月15日クスコに入城し、1535年1月18日新首都「諸王の都(リマ)」を建設した。
 征服後、ピサロとアルマグロはそれぞれの領地、とりわけクスコの支配権をめぐって対立した。征服直後のペルーは、ピサロ派とアルマグロ派に分かれて内戦状態となり、ピサロは1541年6月26日アルマグロ派の乱入によってリマで殺害された。[青木康征]
『ヘレス著、増田義郎訳『ペルーおよびクスコ地方征服に関する真実の報告』(『大航海時代叢書 征服者と新世界』所収・1980・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピサロの関連情報