コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォッサマグナ フォッサマグナ 〈ラテン〉Fossa Magna

5件 の用語解説(フォッサマグナの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フォッサ‐マグナ(〈ラテン〉Fossa Magna)

《大きな割れ目の意》本州中央部を南北に横断する断裂帯。西縁は糸魚川(いといがわ)静岡構造線であるが、東縁は不明。内部はグリーンタフを含む厚い新第三系が褶曲(しゅうきょく)し、その上に第四紀の火山が分布している。E=ナウマンの命名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フォッサマグナ

第三紀中ごろ,日本列島を南北に横断して生じた地質構造上の特異な地帯。西縁は糸魚川‐静岡構造線。東縁は不明瞭であるがおよそ小諸〜甲府〜相模湖を結ぶ線で,南北の延長は不明。
→関連項目小谷[村]秩父山地東国白馬[村]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フォッサマグナ【Fossa Magna】

本州の中央部をほぼ南北に横切る構造帯。その西縁は糸魚川‐静岡構造線,東縁は明瞭ではないが関東山地の西縁あたりとされている。E.ナウマンが命名(1886)。ナウマンは,日本列島は北西からの横圧力によって弧状褶曲山脈をなすが,隆起・北東進する七島山脈(伊豆七島)が抵抗体となって南北日本の境界部に著しい屈曲と開裂が生じたとし,開裂部をフォッサマグナ(大地溝。ラテン語でfossaは〈みぞ〉〈堀〉,magnaは〈大きい〉の意)と呼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フォッサマグナ【Fossa Magna】

〔「大きな裂け目」の意。ナウマンの命名〕
本州の中央部を南北に縦断する独特の構造発達史を持つ地帯。火山帯が通る。その西縁は糸魚川静岡構造線によって限られるが、東縁は不明。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォッサマグナ
ふぉっさまぐな
Fossa Magna

日本列島中央部をほぼ南北に走る構造帯。ラテン語で大地溝という意。1875年(明治8)に日本政府によって招かれたドイツの地質学者E・ナウマンの命名による。西縁は糸魚川(いといがわ)‐静岡構造線という断層群によって限られる。東縁は新生代第四紀火山岩類に覆われるため鮮明ではないが関東山地西縁を通ると考えられている。フォッサマグナは、周囲の主として古・中生代および新生代古第三紀の地層の構造を大きく切って形成され、そこには新第三紀以降の地層が厚く堆積(たいせき)している。とりわけ新第三紀には活発な海底火山活動があり、東北日本の日本海側から新潟地域を経て、伊豆‐小笠原弧へと接続するグリーンタフ地域の一部をなしている。
 フォッサマグナは八ヶ岳(やつがたけ)付近で北部フォッサマグナと南部フォッサマグナに大きく区分される。北部フォッサマグナにおいては、南北ないし北北東―南南西方向の断層や褶曲(しゅうきょく)が発達する。長野県犀川(さいがわ)沿いで観察される犀川破砕帯はその典型である。南部フォッサマグナにおいては、地層の変形はいっそう著しい。西から東へ衝上(しょうじょう)する曙(あけぼの)衝上断層、身延(みのぶ)衝上断層などの南北性の断層、北から南へ衝上する上野原(うえのはら)衝上断層、神縄(かんなわ)衝上断層などの東西性の断層、さらにはそれらを切る横ずれ断層系や、断層に伴う褶曲構造が発達する。これらの断層や褶曲には現在も活動的なものが多数存在し、南部フォッサマグナは現在日本のなかでは、もっとも活動的な変動帯の一つとなっている。南部フォッサマグナにおける激しい変動の原因としては、伊豆‐小笠原弧をのせたフィリピン海プレートが、ユーラシアプレートと伊豆半島の北端部で、約1000万年間以上にわたって衝突を繰り返しているためであるとされている。[伊藤谷生・村田明広]

生態学的な意義

フォッサマグナは中部日本の古いフロラ(植物相)を単に北関東と南アルプス以西とに二分したというだけでなく、その後の富士火山帯の火山活動によって多数の新種の植物が形成されたという点で大きな意味をもっている。これらの火山起源による植物群をフォッサマグナ要素とよび、フロラ上重要視されている。おもな種類にはオトメアオイ(ヒメカンアオイに近い変成種)をはじめ、タテヤマギク、イズカニコウモリ、フジアザミ、ハコネウツギ、ハコネコメツツジ、ヒトツバショウマなどがある。なお、近縁種からの形態的な変化はさまざまである。[奥田重俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフォッサマグナの言及

【糸魚川‐静岡構造線】より

…矢部長克が命名(1918)。フォッサマグナの西縁を画する断層とみなされている。巨視的にみれば,構造線の西には中・古生界が,東には新第三系が広く分布する。…

※「フォッサマグナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フォッサマグナの関連キーワード甲府盆地谷町筋中央高地糸魚川静岡構造線駿河トラフ突切るなにわ筋中央構造帯糸魚川‐静岡構造線ティーライン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フォッサマグナの関連情報